ホーム > アルバム > SOMMCD0636 英国歌曲の100年 第2集~オルウィン、A.ブッシュ、ロースソーン、マコンキー、カーウィゼン(ギルクリスト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SOMMCD0636
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
ウィリアム・オルウィン William Alwyn , ドリーン・カーウィゼン Doreen Carwithen , アラン・ブッシュ Alan Bush , エリザベス・マコンキー Elizabeth Maconchy , アラン・ロースソーン Alan Rawsthorne
作詞家
ジョン・バーン・レスター・ウォーレン John Byrne Leicester Warren , フィリップ・シドニー Philip Sidney , キャサリン・タイナン Katharine Tynan , ジョン・ダン John Donne , ワルター・デ・ラ・マーレ Walter De la Mare , エルンスト・トラー Ernst Toller , マイケル・ドレイトン Michael Drayton , ジョン・フレチャー John Fletcher
アーティスト
ネイサン・ウィリアムソン Nathan Williamson , ジェイムス・ギルクリスト James Gilchrist

英国歌曲の100年 第2集~オルウィン、A.ブッシュ、ロースソーン、マコンキー、カーウィゼン(ギルクリスト)

Vocal Recital (Tenor): Gilchrist, James - RAWSTHORNE, A. / BUSH, A. / ALWYN, W. / CARWITHEN, D. (One Hundred Years of British Song, Vol. 2)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SOMMCD0636

全トラック選択/解除

ウィリアム・オルウィン - William Alwyn (1905-1985)

**:**
告別

A Leave-Taking

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694907
**:**
»  No. 1. The Pilgrim Cranes
1.

-

**:**
»  No. 2. Daffodils
2.

-

**:**
»  No. 3. The Ocean Wood
3.

-

**:**
»  No. 4. Fortune's Wheel
4.

-

**:**
»  No. 5. Study of a Spider
5.

-

**:**
»  No. 6. The Two Old Kings
6.

-

**:**
»  No. 7. A Leave-taking
7.

-

アラン・ブッシュ - Alan Bush (1900-1995) / アラン・ロースソーン - Alan Rawsthorne (1905-1971)

**:**
監獄の歌曲集 Op. 19

The Prison Cycle, Op. 19

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694908
**:**
»  No. 1. Introduction
8.

-

**:**
»  No. 2. Song
9.

-

**:**
»  No. 3. Interlude
10.

-

**:**
»  No. 4. Song
11.

-

**:**
»  No. 5. Epilogue
12.

-

アラン・ロースソーン - Alan Rawsthorne (1905-1971)

**:**
2つの歌

2 Songs

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694909
**:**
»  No. 1. Away, Delights
13.

-

**:**
»  No. 2. God Lyaeus
14.

-

エリザベス・マコンキー - Elizabeth Maconchy (1907-1994)

**:**
父なる神への賛歌
15.

A Hymn to God the Father

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694910
 
**:**
キリストへの賛歌
16.

A Hymn to Christ

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694911
 
**:**
太陽が昇る
17.

The Sun Rising

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694912

ドリーン・カーウィゼン - Doreen Carwithen (1922-)

**:**
セレナード
18.

Serenade

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694913
 
**:**
19.

Noon

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694914
 
**:**
エコー(セヴン・スウィート・ノーツ)
20.

Echo (Seven Sweet Notes)

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694915
 
**:**
ライド・バイ・ナイツ
21.

The Ride-by-Nights

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694916
 
**:**
クリア・ハド・ザ・デイ・ビーン
22.

Clear Had the Day Been

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694917
 
**:**
スロー・スプリング
23.

Slow Spring

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694918
 
**:**
エコー(フー・コルド?)
24.

Echo (Who Called?)

録音: 15-16 July 2020, The Menuhin Hall, Stoke d'Abernon, Great Bookham, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8694919
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/06/01
第1集(SOMMCD0621)が高く評価されたジェイムス・ギルクリストとネイサン・ウィリアムソンによる「英国歌曲の100年」シリーズ。前作ではホルスト、クラーク、ガーニー、ブリッジの作品が紹介されていましたが、今回の第2集には5人の作曲家の作品を収録。ほとんど耳にすることのない歌曲ばかりが選ばれています。ドイツ後期ロマン派の影響が感じられるオルウィンの「告別」、エリザベス朝時代の古風な雰囲気とユーモアが融合したロースソーンの「ジョン・フレッチャーの詩による2つの歌曲」、ロースソーンとブッシュがドイツの社会主義の劇作家エルンスト・トラーの詩に付けた「監獄の歌曲集」に続き、ウィリアムソンが"劇的な感覚が吹き込まれた野心的な曲"と評価する女性作曲家マコンキーの「「3つのドンネの歌」と、同じくウィリアムソンが「真の想像力と表現力に富んだ珠玉の歌」と呼ぶオルウィンの妻カーウィゼンの7曲の歌。ギルクリストとウィリアムソンはそれぞれの歌曲が持つ魅力を最大に引き出し、聴き手に届けます。アルバムのために書き下ろされたウィリアムソンの詳細な解説(英語のみ)も読み応えがあります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。