ホーム > アルバム > SOMMCD087 ブリッジ:室内楽作品集(ブリッジ弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SOMMCD087
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
フランク・ブリッジ Frank Bridge
アーティスト
キャサリン・スコフィールド Catherine Schofield , マイケル・スコフィールド Michael Schofield , コリン・トゥイッグ Colin Twigg , マイケル・ドゥシェク Michael Dussek , ブリッジ弦楽四重奏団 Bridge String Quartet

ブリッジ:室内楽作品集(ブリッジ弦楽四重奏団)

BRIDGE, F.: Chamber Music (Bridge String Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SOMMCD087

全トラック選択/解除

フランク・ブリッジ - Frank Bridge (1879-1941)

**:**
ピアノ五重奏曲 ニ短調

Piano Quintet in D Minor

録音: 13-15 December 2008, St. Philips Church, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3372575
**:**
»  I. Adagio - Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio ma non troppo
2.

-

**:**
»  III. Allegro energico
3.

-

 
**:**
ノヴェレッテ

Novelletten

録音: 13-15 December 2008, St. Philips Church, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3396875
**:**
»  I. Andante moderato
4.

-

**:**
»  II. Presto: Allegretto
5.

-

**:**
»  III. Allegro vivo
6.

-

 
**:**
トリオ、ラプソディ
7.

Trio, rhapsody

録音: 13-15 December 2008, St. Philips Church, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3396876
 
**:**
2つのヴィオラのための2つの小品 - 第2番 ラメント ハ短調
8.

2 Pieces for 2 Violas: No. 2. Lament in C Minor

録音: 13-15 Decembr 2008, St. Philips Church, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3396877
 
**:**
熟したさくらんぼ
9.

Cherry Ripe

録音: 13-15 December 2008, St. Philips Church, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3396878
 
**:**
クリスマス舞曲 「サー・ロジャー・ド・カヴァリー」
10.

Sir Roger de Coverley, "A Christmas Dance"

録音: 13-15 December 2008, St. Philips Church, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3396879
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/04/01
1904年に作曲されたブリッジのピアノ五重奏曲。重苦しい雰囲気と循環形式が用いられている点で、およそ20年前に書かれたフランクの五重奏を思わせる力作です。同じ年に書かれた「ノヴェレッテ」は3つの部分で構成された性格的な小品集。各々の曲の性格は違いますが、ブリッジは共通の主題を導入することで曲の調和を図っています。1928年の「トリオ、ラプソディ」はモダンな作品。ブリテンの師としてのブリッジの先進性が顕れたシュールな曲です。他3曲も含め、作曲家の名を冠した「ブリッジ弦楽四重奏団」による演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。