ホーム > アルバム > SOMMCD230 コダーイ:音楽の作り手/エルガー:ミュージック・メイカーズ(オックスフォード・カメラータ/ウィリアムズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SOMMCD230
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
スポークン・ドキュメンタリー, 合唱曲(世俗曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
エドワード・エルガー Edward Elgar , ゾルターン・コダーイ Zoltán Kodály , na Not Applicable
作詞家
アーサー・オショーネシー Arthur O' Shaughnessy , Arthur O'Shaughnessy
アーティスト
ハワード・ウィリアムズ Howard Williams , クリスティーナ・ウィルソン Christina Wilson , オックスフォード・カメラータ Oxford Camerata , オックスフォード・カメラータ管弦楽団 Oxford Camerata Orchestra , サロルタ・コダーイ Sarolta Kodaly

コダーイ:音楽の作り手/エルガー:ミュージック・メイカーズ(オックスフォード・カメラータ/ウィリアムズ)

KODÁLY, Z.: Music Makers (The) / ELGAR, E.: The Music Makers (Oxford Camerata Choir and Orchestra, H. Williams)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SOMMCD230

全トラック選択/解除

- na Not Applicable

**:**
コダーイの「音楽の作り手」 - コダーイ夫人のスピーチ
1.

Kodaly's The Music Makers: Introductory Speech by Madame Kodaly

録音: 24 May 2001, St. John's, Smith Square, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3332734

ゾルターン・コダーイ - Zoltán Kodály (1882-1967)

**:**
オード 「音楽の作り手」
2.

The Music Makers, an Ode

録音: 24 May 2001, St. John's, Smith Square, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3332735
 
**:**
夏の夕べ
3.

Nyari este (Summer Evening)

録音: 24 May 2001, St. John's, Smith Square, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3332736

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
ミュージック・メイカーズ Op. 69

The Music Makers, Op. 69

録音: 24 May 2001, St. John's, Smith Square, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3332737
**:**
»  I. Introduction
4.

-

**:**
»  II. We are the music makers
5.

-

**:**
»  IV. We, in the ages lying
6.

-

**:**
»  V. A breath of our inspiration
7.

-

**:**
»  VI. They had no vision amazing
8.

-

**:**
»  IX. For we are afar with the dawning
9.

-

**:**
»  X. Great hail! We cry to the comers
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/09/01
アーサー・オショーネシーの詩による2作の「音楽の作り手」を収録したアルバム。コダーイの作品はこちらが世界初録音であり、演奏に寄せて彼の2番目の妻サルロタが行ったスピーチも収録されるなど、興味深い構成になっています。エルガーの「音楽の作り手」は大作でありながらも演奏の機会があまり多くない作品ですが、エニグマ変奏曲と同じ旋律が使われていたりと、エルガーの自伝的作品ととらえる人もいます。オックスフォード・カメラータ管弦楽団と合唱団は、この2曲を手中に完璧に収めており、一分の隙もない見事な演奏を聴かせています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。