ホーム > アルバム > SWR19002CD カプースチン:チェロ作品集(ラウ/ニュス/ザールブリュッケン放送フィル/コロン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SWR19002CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
ニコライ・カプースチン Nicolai Kapustin , ベンヤミン・ヌス Benyamin Nuss , クリスティーネ・ラウ Christine Rauh
編曲者
クリスティーネ・ラウ Christine Rauh
アーティスト
ニコラス・コロン Nicholas Collon , ザールブリュッケン放送フィルハーモニー管弦楽団 Saarbrücken German Radio Philharmonic Orchestra , ベンヤミン・ヌス Benyamin Nuss , クリスティーネ・ラウ Christine Rauh , ペーター・レーヘル Peter Lehel , Ni Fan

カプースチン:チェロ作品集(ラウ/ニュス/ザールブリュッケン放送フィル/コロン)

KAPUSTIN, N.: Cello Works (Rauh, Nuss, Saarbrücken German Radio Philharmonic, Collon)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19002CD

全トラック選択/解除

ニコライ・カプースチン - Nicolai Kapustin (1937-)

**:**
二重奏曲 Op. 99

Duet, Op. 99

録音: 24-26 November 2014, SWR Studio Kaiserslautern, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4579481
**:**
»  I. Allegretto
1.

-

**:**
»  II. Grave
2.

-

**:**
»  III. Sonatina: Animato
3.

-

 
**:**
チェロ・ソナタ第2番 Op. 84

Cello Sonata No. 2, Op. 84

録音: 19-22 January 2015, SWR Studio Kaiserslautern, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4579482
**:**
»  I. A piacere - Allegro non troppo
4.

-

**:**
»  II. Intermezzo: Comodo
5.

-

**:**
»  III. Allegro assai
6.

-

 
**:**
ニアリー・ワルツ Op. 98
7.

Nearly Waltz, Op. 98

録音: 19-22 January 2015, SWR Studio Kaiserslautern, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4579483
 
**:**
エレジー Op. 96
8.

Elegy, Op. 96

録音: 19-22 January 2015, SWR Studio Kaiserslautern, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4579484
 
**:**
ブルレスク Op. 97
9.

Burlesque, Op. 97

録音: 19-22 January 2015, SWR Studio Kaiserslautern, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4579485
 
**:**
8つの演奏会用練習曲 Op. 40 (C. ラウによるチェロとヴィブラフォン編)(抜粋)

8 Concert Etudes, Op. 40 (arr. C. Rauh for cello and vibraphone) (excerpts)

録音: 24-26 November 2014, SWR Studio Kaiserslautern, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4579486
**:**
»  No. 3. Toccatina
10.

-

**:**
»  No. 5. Shuitka (Raillery)
11.

-

 
**:**
チェロ協奏曲第2番 Op. 103

Cello Concerto No. 2, Op. 103

録音: 6-7 March 2015, SWR Studio Kaiserslautern, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4579487
**:**
»  I. Allegretto
12.

-

**:**
»  II. Lento
13.

-

**:**
»  III. Allegro
14.

-

ベンヤミン・ヌス - Benyamin Nuss (1989-) / クリスティーネ・ラウ - Christine Rauh

**:**
カプースチンへのオマージュ
15.

Hommage an Kapustin

録音: 19-22 January 2015, SWR Studio Kaiserslautern, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4579488
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/02/01
なんとも挑発的な眼差しを向けるチェリスト、クリスティーナ・ラウ。彼女によるカプースチン(1937-)のチェロ作品集はこのジャケ写通り、挑発的で挑戦的な音に満ちています。「ジャズとクラシックの融合」で知られるウクライナの作曲家カプースチンの作品は、日本では20世紀末あたりから評価が高まり、現在では様々な演奏家が手掛けることで、広く愛されるようになりました。とは言え、彼自身が優れたピアニストであったためか、演奏されるのは比較的ピアノ曲が多く、室内楽作品は「自作自演盤」以外はあまり聞かれることはないのではないでしょうか。チェリスト、ラウはそんなカプースチンの室内楽作品に強い興味を持ち、彼の全チェロ作品の発掘、紹介を始めました。最初はカプースチンの名前すら知らなかった彼女、スコアのありかや経歴を探していくうちに、その強烈な音楽性に魅了され、ますます興味を覚えたのだそうです。そんなラウと、彼女を巡る仲間たちによるカプースチン作品集。最後の1曲は彼らたちによるカプースチンへのオマージュとなっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。