ホーム > アルバム > SWR19004CD ラヴェル:管弦楽作品集 3 - ダフニスとクロエ/高雅で感傷的なワルツ(シュトゥットガルト放送響/ドゥネーヴ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
SWR19004CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ
作曲家
モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
アーティスト
シュトゥットガルト放送交響楽団 Stuttgart Radio Symphony Orchestra , ステファヌ・ドゥネーヴ Stéphane Denève , 南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル South West German Radio Vocal Ensemble

ラヴェル:管弦楽作品集 3 - ダフニスとクロエ/高雅で感傷的なワルツ(シュトゥットガルト放送響/ドゥネーヴ)

RAVEL, M.: Orchestral Works, Vol. 3 - Daphnis et Chloé / Valse nobles et sentimentales (Stuttgart Radio Symphony, Denève)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19004CD

全トラック選択/解除

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
ダフニスとクロエ

Daphnis et Chloe

録音: 26, 28 and 29 July 2014, Beethovensaal, Liederhalle, Stuttgart
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4579970
**:**
»  Part I: Introduction et danse religieuse
1.

-

**:**
»  Part I: Danse generale
2.

-

**:**
»  Part I: Danse grotesque de Dorcon
3.

-

**:**
»  Part I: Danse legere et gracieuse de Daphnis
4.

-

**:**
»  Part I: Danse de Lyceion
5.

-

**:**
»  Part I: Danse lente et mysterieuse
6.

-

**:**
»  Part II: Introduction
7.

-

**:**
»  Part II: Danse guerriere
8.

-

**:**
»  Part II: Danse suppliante de Chloe
9.

-

**:**
»  Part III: Lever du Joir
10.

-

**:**
»  Part III: Pantomime
11.

-

**:**
»  Part III: Danse generale
12.

-

 
**:**
高雅で感傷的なワルツ

Valses nobles et sentimentales (version for orchestra)

録音: 2 October 2014, Stuttgart, Liederhalle, Beethovensaal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5667341
**:**
»  I. Modéré
13.

-

**:**
»  II. Assez lent
14.

-

**:**
»  III. Modéré
15.

-

**:**
»  IV. Assez anime
16.

-

**:**
»  V. Presque lent
17.

-

**:**
»  VI. Assez vif
18.

-

**:**
»  VII. Moins vif
19.

-

**:**
»  Epilogue. Lent
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/12/01
ステファヌ・ドヌーヴの初のラヴェル(1875-1937)録音集がリリースされたとき、多くの人は「フランスの指揮者がドイツのオーケストラを率いてラヴェルを演奏するなんて、一体どんな音がするのだろう?」と不思議に思ったり、ワクワクしたものでした。もちろんどれもが素晴らしい出来栄えであったことは言うまでもありません。そんなドヌーヴ自身もシュトゥットガルト放送交響楽団の首席指揮者に就任したりと、すっかり馴染んでいます。この第3集、メインはバレエ音楽「ダフニスとクロエ」で、ドヌーヴがどのようにこのオーケストラから"極彩色の響き"を引き出すのかをぜひ体験してみてください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。