ホーム > アルバム > SWR19006CD モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番(オリジナルSWRテープ1977-1986 リマスタード)(ラローチャ/ナバロ/ブール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SWR19006CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
シュトゥットガルト放送交響楽団 Stuttgart Radio Symphony Orchestra , ガルシア・ナバロ Garcia Navarro , バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送交響楽団 South West German Radio Symphony Orchestra, Baden-Baden and Freiburg , エルネスト・ブール Ernest Bour , アリシア・デ・ラローチャ Alicia de Larrocha

モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番(オリジナルSWRテープ1977-1986 リマスタード)(ラローチャ/ナバロ/ブール)

MOZART, W.A.: Piano Concerto No. 22 / BEETHOVEN, L. van: Piano Concerto No. 3 (Original SWR Tapes 1977-1986 Remastered) (Larrocha, Navarro, Bour)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19006CD

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調 K. 482

Piano Concerto No. 22 in E-Flat Major, K. 482

録音: 15 Janurary 1986, Stuttgart, Liederhalle, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4544216
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 Op. 37

Piano Concerto No. 3 in C Minor, Op. 37

録音: 17 Janurary 1977, Baden-Baden, Hans Rosbaud Studio, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4544217
**:**
»  I. Allegro con brio
4.

-

**:**
»  II. Largo
5.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/12/01
バルセロナで生まれ、グラナドスの弟子であるフランク・マーシャルに師事、幼い頃からその才能を発揮し、特にスペイン作品の演奏で確固たる地位を築いた女性ピアニスト、アリシア・デ・ラローチャ(1923-2009)。彼女はモーツァルトの作品も非常に得意としていたのですが、彼女が若い頃には、その演奏はドイツでは受け入れられなかったと言われています。しかし、以降は彼女の弾くモーツァルトに賞賛が集まり、70年代にはDECCAにもモーツァルトのソナタ集を録音するなど「モーツァルト弾き」としての評価が定まったことはいうまでもありません。ここで聴けるモーツァルトとベートーヴェンもニュアンスに富む素晴らしいものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。