ホーム > アルバム > SWR19019CD パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番(アッカルド/南西ドイツ放送響/バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送響/ブール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SWR19019CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽, 協奏曲
作曲家
ニコロ・パガニーニ Niccolò Paganini
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
サルヴァトーレ・アッカルド Salvatore Accardo , バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送交響楽団 South West German Radio Symphony Orchestra, Baden-Baden and Freiburg , エルネスト・ブール Ernest Bour , マリア・ベルクマン Maria Bergmann

パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番(アッカルド/南西ドイツ放送響/バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送響/ブール)

PAGANINI, N.: Violin Concertos Nos. 1 and 2 (Accardo, South West German Radio Symphony, Baden-Baden and Freiburg, Bour)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19019CD

全トラック選択/解除

ニコロ・パガニーニ - Niccolò Paganini (1782-1840)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 Op. 6 MS 21

Violin Concerto No. 1 in D Major, Op. 6, MS 21

録音: 6-7 May 1968, Hans-Rosbaud-Studio, Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4965607
**:**
»  I. Allegro maestoso
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro spirituoso
3.

-

 
**:**
24のカプリース Op. 1
4.

24 Caprices, Op. 1: No. 24 in A Minor

録音: 10 April 1970, Hans-Rosbaud-Studio, Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4966002
 
**:**
イギリス国歌 「神よ王を守らせたまえ」による変奏曲 Op. 9, MS 56 (ヴァイオリンとピアノ編)
5.

Variations on God Save the King, Op. 9, MS 56 (arr. for violin and piano)

録音: 14 December 1961, Hans-Rosbaud-Studio, Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4966003
 
**:**
ヴァイオリン協奏曲第2番 ロ短調 Op. 7, MS 48

Violin Concerto No. 2 in B Minor, Op. 7, MS 48

録音: 10 April 1970, Hans-Rosbaud-Studio, Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4966004
**:**
»  I. Allegro maestoso
6.

-

**:**
»  II. Adagio
7.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro moderato
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/07/01
イタリアの名ヴァイオリニスト、サルヴァトーレ・アッカルド(1941-)の1960年代から1970年代の録音を細心のリマスタリングで復刻した1枚。もともと神童として名を馳せたアッカルドは13歳で最初の演奏会を開き、その後、数々の国際コンクールで賞を獲得。1958年の「パガニーニ国際コンクール」を17歳で制覇したことにより「パガニーニの再来」との賛辞を受けたことでも知られています。パガニーニはアッカルドにとって大切なレパートリーであり、1970年代の半ばにはシャルル・デュトワの指揮で6曲の協奏曲を録音。こちらも名演奏として知られています。当盤は、エルネスト・ブールとの共演による1960年代から70年にかけてのスタジオ録音で、アッカルドの明確なアプローチと確かな技巧に支えられた、輝かしい音色を聞く事ができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。