ホーム > アルバム > SWR19055CD スーク:アスラエル交響曲/クレイチー:セレナータ(バーデン=バーデン南西ドイツ放送響/アンチェル)

スーク:アスラエル交響曲/クレイチー:セレナータ(バーデン=バーデン南西ドイツ放送響/アンチェル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SWR19055CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
イシャ・クレイチー Iša Krejčí , ヨゼフ・スーク Josef Suk
アーティスト
カレル・アンチェル Karel Ančerl , バーデン=バーデン南西ドイツ放送交響楽団 South West German Radio Symphony Orchestra, Baden-Baden

スーク:アスラエル交響曲/クレイチー:セレナータ(バーデン=バーデン南西ドイツ放送響/アンチェル)

SUK, J.: Asrael / KREJČI, I.: Serenata (South West German Radio Symphony Orchestra Baden-Baden, Ančerl)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19055CD

全トラック選択/解除

ヨゼフ・スーク - Josef Suk (1874-1935)

**:**
アスラエル交響曲 Op. 27

Asrael, Op. 27

録音: May 1967, Hans-Rosbaud-Studio, Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228185
**:**
»  Part I: I. Andante sostenuto - Andante con moto e resoluto - Più pesante e maestoso -
1.

-

**:**
»  Part I: II. Andante -
2.

-

**:**
»  Part I: III. Vivace - Andante sostenuto - Appassionato - Maestoso
3.

-

**:**
»  Part II: IV. Adagio
4.

-

**:**
»  Part II: V. Adagio e maestoso - Allegro appassionato - Adagio e maestoso - Andante maestoso - Adagio e mesto
5.

-

イシャ・クレイチー - Iša Krejčí (1904-1968)

**:**
セレナータ

Serenata

録音: Hans-Rosbaud-Studio, Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228186
**:**
»  I. Allegro
6.

-

**:**
»  II. Andante quasi Allegretto
7.

-

**:**
»  III. Presto
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/12/01
チェコの作曲家ヨーゼフ・スークが32歳の時に作曲した交響曲「アスラエル」。タイトルの「アスラエル」とは、死者の霊を運ぶ天使の名前のこと。義父ドヴォルザークと妻(ドヴォルザークの娘)オティリエを亡くし、二重の悲しみに見舞われたスークの心情が投影された作品です。チェコの指揮者の多くはこの作品を重要なレパートリーにしており、アンチェルにとってもそれは同様でしたが、これまでにクリーヴランド管弦楽団との私的な録音があったのみで、この演奏が唯一の「アスラエル」公式録音となります。クレイチーの「セレナータ」はユーモアを湛えた作品。アンチェルは上品さと荘厳さを併せ持つオーケストラの音色を存分に生かし、魅惑的な演奏を聴かせています。SWR所蔵のオリジナル・テープからデジタル・リマスタリングを行っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。