ホーム > アルバム > SWR19082CD ヘンツェ:オラトリオ「メデューサの筏」(ニールンド/シェーネ/南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル/南西ドイツ放送響/エトヴェシュ)

ヘンツェ:オラトリオ「メデューサの筏」(ニールンド/シェーネ/南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル/南西ドイツ放送響/エトヴェシュ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SWR19082CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ Hans Werner Henze
作詞家
Ernst Schnabel
アーティスト
ペーテル・エトヴェシュ Peter Eötvös , ケルン西ドイツ放送合唱団 Cologne West German Radio Chorus , ペーター・シェーネ Peter Schöne , ペーター・シュタイン Peter Stein , 南西ドイツ放送交響楽団 South West German Radio Symphony Orchestra , カミラ・ニールンド Camilla Nylund , フライブルグ大聖堂少年合唱団 Freiburg Cathedral Boys Choir , 南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル South West German Radio Vocal Ensemble

ヘンツェ:オラトリオ「メデューサの筏」(ニールンド/シェーネ/南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル/南西ドイツ放送響/エトヴェシュ)

HENZE, H.W.: Floss der Medusa (Das) (Nylund, Schöne, P. Stein, South West German Radio Vocal Ensemble and Symphony, Eötvös)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19082CD

全トラック選択/解除

ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ - Hans Werner Henze (1926-2012)

**:**
オラトリオ「メデューサの筏」

Das Floss der Medusa

録音: 15-17 November 2017, Elbphilharmonie, Hamburg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7334205
**:**
»  Part I: Prolog des Charon: Sie erfahren jetzt einen Bericht (Charon)
1.

-

**:**
»  Part I: Motto (Pascal Pensées aus dem 383. Fragment): Vom Hafen aus lässt sich urteilen über die (Jean-Charles, La Mort, Chorus)
2.

-

**:**
»  Part I: Ordre und Musterrolle: Den 17. Juni 1816, vor sieben Uhr morgens (Charon, Chorus)
3.

-

**:**
»  Part I: Journal der Überfahrt: Die See war still (Chorus, Charon, Jean-Charles, La Mort)
4.

-

**:**
»  Part I: Eine Antwort: Den Bänken von Arguin Komm (La Mort)
5.

-

**:**
»  Part I: Versuche zur Rettung: Drei Tage Kampf um das Schiff (Charon, Jean-Charles, Chorus, La Mort)
6.

-

**:**
»  Part I: Die Ausschiffung: Monsieur de Chaumarey ist Herr der Lage (Charon, Chorus, Jean-Charles)
7.

-

**:**
»  Part I: Ballade vom Verrat: Wir schauten auf (Jean-Charles, Chorus, La Mort)
8.

-

**:**
»  Part I: Gesang mit neun Stimmen: Per correr migliori acque alza le vele (Due ragazzi, Jean-Charles, Chorus, La Mort)
9.

-

**:**
»  Part I: Anweisungen für den zweiten Tag: Es kam der zweite Tag (Jean-Charles, Chorus, La Mort)
10.

-

**:**
»  Part II: Feststellung der Lage: Acht Nächte haben den Mond (Charon, Chorus)
11.

-

**:**
»  Part II: Motto (Pascal, aus dem 205.-207. und 347. Fragment der Pensées): Wie viele Königreiche (Chorus, Jean-Charles, La Mort)
12.

-

**:**
»  Part II: Appell unter dem Monde: La luna, quasi a mezza notte tarda (Ein totes Kind, Jean-Charles, Chorus, La Mort)
13.

-

**:**
»  Part II: Die Rechnung zum Tode: Mitternacht. Wolken sind aufgezogen (Charon, Jean-Charles, Chorus)
14.

-

**:**
»  Part II: Die Ballade vom Mann auf dem Floss: Da ging ein Mann (Jean-Charles, Chorus, La Mort)
15.

-

**:**
»  Part II: Fuge der Überlebenden und Ankündigung der Rettung: Wir haben kein Gesetz (Chorus, Jean-Charles, La Mort, Charon)
16.

-

**:**
»  Part II: Finale: Schau auf! (La Mort, Jean-Charles, Chorus, Charon)
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/07/01
2012年9月28日、南西ドイツ放送の傘下にあるシュトゥットガルト放送交響楽団とバーデン=バーデン・フライブルクSWR交響楽団が統廃合し、誕生した新生「南西ドイツ放送交響楽団」としての初録音となるアルバム。2016年9月、ペーター・エトヴェシュの指揮でオーケストラとしての第1回公演が行われ、その後はケント・ナガノやエッシェンバッハ、クルレンツィスら、錚々たる指揮者たちがオーケストラを指揮しています。このアルバムには1968年に初演のリハーサルが録音されて以来、かつて録音されたことのないヘンツェのオラトリオ「メデューサの筏」が収録されています。実際に起きた海難事故を主題にしたこのオラトリオは、複雑な書法を取りながらも美しい響きに溢れた作品。初演時には大混乱をきたしたというエピソードがありますが、現代では受け入れられやすい音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。