ホーム > アルバム > SWR19130CD ドヴォルザーク:交響曲第7番、第8番(ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィル/インキネン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SWR19130CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák
アーティスト
ピエタリ・インキネン Pietari Inkinen , ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団 German Radio Saarbrücken-Kaiserslautern Philharmonic Orchestra

ドヴォルザーク:交響曲第7番、第8番(ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィル/インキネン)

DVOŘÁK, A.: Symphonies Nos. 7 and 8 (German Radio Saarbrücken-Kaiserslautern Philharmonic, Inkinen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19130CD

全トラック選択/解除

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
交響曲第7番 ニ短調 Op. 70, B. 141

Symphony No. 7 in D Minor, Op. 70, B. 141

録音: 27-30 September 2021, Großer Sendesaal, Funkhaus Halberg, Saarbrücken, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10391060
**:**
»  I. Allegro maestoso
1.

-

**:**
»  II. Poco adagio
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Vivace - Poco meno mosso
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro
4.

-

 
**:**
交響曲第8番 ト長調 Op. 88, B. 163

Symphony No. 8 in G Major, Op. 88, B. 163

録音: 6-9 September 2022, Großer Sendesaal, Funkhaus Halberg, Saarbrücken, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10391061
**:**
»  I. Allegro con brio
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Allegretto grazioso - Molto vivace
7.

-

**:**
»  IV. Allegro ma non troppo
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/09/01
ドイツ放送フィルによるドヴォルザーク交響曲全集第6弾。前半3枚を指揮したチチョンより、第4弾からインキネンが引き継ぎ、素晴らしい演奏を披露しています。今作に収録されているのは、ドヴォルザークの交響曲の中でもとりわけ人気の高い第8番と第7番。1884年から85年に書かれた第7番は、第3楽章にチェコ民族舞曲フリアントのリズムが使われるなどスラヴ要素の濃い作品。第8番は更にボヘミアの要素が高く、とりわけ第3楽章の哀愁を帯びた旋律も一度聴いたら忘れられないほどの魅力があります。2017年からドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者と務めるインキネンは、作品のスコアを丹念に読み込み、細かい対旋律までをも際立たせることでオーケストラから明瞭な響きを引き出し、メリハリあるテンポで全曲を聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。