ホーム > アルバム > SWR19135CD ベルリオーズ/ドビュッシー/ラヴェル/ストラヴィンスキー:管弦楽作品集(バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送響/カンブルラン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SWR19135CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ, 協奏曲
作曲家
チャールズ・アイヴズ Charles Ives , アントン・ウェーベルン Anton Webern , アルノルト・シェーンベルク Arnold Schoenberg , イーゴリ・ストラヴィンスキー Igor Stravinsky , アンリ・デュティユー Henri Dutilleux , クロード・ドビュッシー Claude Debussy , ベーラ・バルトーク Béla Bartók , アルバン・ベルク Alban Berg , エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz , オリヴィエ・メシアン Olivier Messiaen , レオシュ・ヤナーチェク Leoš Janáček , モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
作詞家
チャールズ・アイヴズ Charles Ives , ジョン・ボーリング John Bowring
編曲者
ルドルフ・エッシャー Rudolf Escher
アーティスト
ウルスラ・アイゼルト Ursula Eisert , キム・カシュカシャン Kim Kashkashian , シルヴァン・カンブルラン Sylvain Cambreling , クリストフ・グルント Christoph Grund , ザールブリュッケン放送交響楽団 Saarbrücken Radio Symphony Orchestra , ジェルジ・ドンブラディ Gyorgyi Dombradi , バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送交響楽団 South West German Radio Symphony Orchestra, Baden-Baden and Freiburg , ペーター・シュヴァルツ室内合唱団 Kammerchor Peter Schwarz , ロジェ・ムラロ Roger Muraro

ベルリオーズ/ドビュッシー/ラヴェル/ストラヴィンスキー:管弦楽作品集(バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送響/カンブルラン)

Orchestral Music - BERLIOZ, H. / DEBUSSY, C. / RAVEL, M. / STRAVINSKY, I. (SWR Symphony, Baden-Baden and Freiburg, Cambreling) (10-CD Box Set)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19135CD

全トラック選択/解除

Disc 1

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
序曲「ウェイヴァリー」 Op. 1
1.

Waverley, Op. 1

録音: May 2007, Konzerthaus Freiburg, Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10203484
 
**:**
序曲「宗教裁判官」 Op. 3
2.

Les francs-juges, Op. 3

録音: February 2000, Konzerthaus Freiburg, Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206106
 
**:**
序曲「リア王」 Op. 4
3.

Le roi Lear, grande ouverture, Op. 4

録音: February 2003, Konzerthaus Freiburg, Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206107
 
**:**
序曲「ロブ・ロイ」
4.

Intrata di Rob-Roy Macgregor

録音: May 2007, Konzerthaus Freiburg, Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206108
 
**:**
序曲「ローマの謝肉祭」 Op. 9
5.

Le carnaval romain, Op. 9

録音: January 2002, Festspielhaus Baden-Baden, Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206109
 
**:**
序曲「海賊」 Op. 21
6.

Le corsaire, Op. 21

録音: May 2007, Konzerthaus Freiburg, Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206110

Disc 2

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
映像

Images

録音: 28 February - 1 March 2001, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206111
**:**
»  No. 1. Gigues
1.

-

**:**
»  No. 2. Ibéria: a. Par les rues et par les chemins -
2.

-

**:**
»  No. 2. Ibéria: b. Les parfums de la nuit -
3.

-

**:**
»  No. 2. Ibéria: c. Le matin d'un jour de fête
4.

-

**:**
»  No. 3. Rondes de printemps
5.

-

 
**:**
2つの舞曲「神聖な踊りと世俗の踊り」

2 Danses, "Danses sacrée et profane"

録音: 18 February 2004, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206112
**:**
»  Danse sacrée
6.

-

**:**
»  Danse profane
7.

-

 
**:**
交響詩「海」

La mer

録音: 5-7 February 2004, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206113
**:**
»  No. 1. De l'aube à midi sur la mer
8.

-

**:**
»  II. Jeux de vagues
9.

-

**:**
»  III. Dialogue du vent de la mer
10.

-

Disc 3

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
ラ・ヴァルス(管弦楽版)
1.

La valse (version for orchestra)

録音: 25 May 2007, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206114
 
**:**
高雅で感傷的なワルツ(管弦楽版)

Valses nobles et sentimentales (version for orchestra)

録音: 8-9 September 2001, Konzerthaus Freiburg, Germany, Kultur- und Kongreßzentrum Luzern, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206115
**:**
»  I. Modéré
2.

-

**:**
»  II. Assez lent
3.

-

**:**
»  III. Modéré
4.

-

**:**
»  IV. Assez animé
5.

-

**:**
»  V. Presque lent
6.

-

**:**
»  VI. Assez vif
7.

-

**:**
»  VII. Moins vif
8.

-

**:**
»  VIII. Epilogue: Lent
9.

-

 
**:**
道化師の朝の歌
10.

Alborada del gracioso

録音: 29 March, 24 April 2009, Alte Oper Frankfurt, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206116
 
**:**
ボレロ
11.

Boléro

録音: 5 January 2002, Festspielhaus Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206117

Disc 4

イーゴリ・ストラヴィンスキー - Igor Stravinsky (1882-1971)

**:**
バレエ音楽「春の祭典」

Le sacre du printemps (The Rite of Spring)

録音: November 2006
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206118
**:**
»  Part I: Adoration of the Earth: Introduction -
1.

-

**:**
»  Part I: Adoration of the Earth: The Augurs of Spring - Dances of the Young Girls -
2.

-

**:**
»  Part I: Adoration of the Earth: Ritual of Abduction -
3.

-

**:**
»  Part I: Adoration of the Earth: Spring Rounds -
4.

-

**:**
»  Part I: Adoration of the Earth: Ritual of the River Tribes -
5.

-

**:**
»  Part I: Adoration of the Earth: Procession of the Sage -
6.

-

**:**
»  Part I: Adoration of the Earth: The Sage -
7.

-

**:**
»  Part I: Adoration of the Earth: Dance of the Earth
8.

-

**:**
»  Part II: The Sacrifice: Introduction -
9.

-

**:**
»  Part II: The Sacrifice: Mystic Circles of the Young Girls -
10.

-

**:**
»  Part II: The Sacrifice: Glorification of the Chosen One -
11.

-

**:**
»  Part II: The Sacrifice: Evocation of the Ancestors -
12.

-

**:**
»  Part II: The Sacrifice: Ritual Action of the Ancestors -
13.

-

**:**
»  Part II: The Sacrifice: Sacrificial Dance (The Chosen One)
14.

-

 
**:**
バレエ音楽「ペトルーシュカ」(1911年版)

Petrushka (1911 version)

録音: January 2002, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206119
**:**
»  Tableau 1: The Shrovetide Fair
15.

-

**:**
»  Tableau 2: Petrushka's Room
16.

-

**:**
»  Tableau 3: The Moor's Room
17.

-

**:**
»  Tableau 4: The Shrovetide Fair
18.

-

Disc 5

アルノルト・シェーンベルク - Arnold Schoenberg (1874-1951)

**:**
室内交響曲第2番 Op. 38

Chamber Symphony No. 2, Op. 38

録音: 27 November 2002, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206120
**:**
»  I. Adagio
1.

-

**:**
»  II. Con fuoco
2.

-

アントン・ウェーベルン - Anton Webern (1883-1945)

**:**
管弦楽のための6つの小品 Op. 6

6 Pieces, Op. 6

録音: 5 May 2016, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206121
**:**
»  No. 3. Zart Bewegt
3.

-

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
6つの古代の墓碑銘(R. エッシャーによる管弦楽編)

6 Épigraphes antiques (arr. R. Escher for orchestra)

録音: 5 May 2016, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206122
**:**
»  No. 1. Pour invoquer Pan
4.

-

**:**
»  No. 3. Pour que la nuit soit propice
5.

-

アントン・ウェーベルン - Anton Webern (1883-1945)

**:**
管弦楽のための6つの小品 Op. 6

6 Pieces, Op. 6

録音: 5 May 2016, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206123
**:**
»  No. 5. Sehr langsam
6.

-

**:**
»  No. 6. Zart Bewegt
7.

-

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
6つの古代の墓碑銘(R. エッシャーによる管弦楽編)

6 Épigraphes antiques (arr. R. Escher for orchestra)

録音: 5 May 2016, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206124
**:**
»  No. 4. Pour la danseuse aux crotales
8.

-

**:**
»  No. 2. Pour un tombeau sans nom
9.

-

アントン・ウェーベルン - Anton Webern (1883-1945)

**:**
管弦楽のための6つの小品 Op. 6

6 Pieces, Op. 6

録音: 5 May 2016, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206125
**:**
»  No. 1. Etwas Bewegte Achtel
10.

-

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
6つの古代の墓碑銘(R. エッシャーによる管弦楽編)

6 Épigraphes antiques (arr. R. Escher for orchestra)

録音: 5 May 2016, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206126
**:**
»  No. 5. Pour l'égyptienne
11.

-

アントン・ウェーベルン - Anton Webern (1883-1945)

**:**
管弦楽のための6つの小品 Op. 6

6 Pieces, Op. 6

録音: 5 May 2016, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206127
**:**
»  No. 4. Langsam, Marcia Funebre
12.

-

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
6つの古代の墓碑銘(R. エッシャーによる管弦楽編)

6 Épigraphes antiques (arr. R. Escher for orchestra)

録音: 5 May 2016, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206128
**:**
»  No. 6. Pour remercier la pluie au matin
13.

-

アントン・ウェーベルン - Anton Webern (1883-1945)

**:**
管弦楽のための6つの小品 Op. 6

6 Pieces, Op. 6

録音: 5 May 2016, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206129
**:**
»  No. 2. Bewegt
14.

-

アルバン・ベルク - Alban Berg (1885-1935)

**:**
管弦楽のための3つの小品 Op. 6

3 Stücke, Op. 6

録音: 21 June 2002, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206130
**:**
»  No. 1. Präludium
15.

-

**:**
»  No. 2. Reigen
16.

-

**:**
»  No. 3. Marsch
17.

-

Disc 6

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
バレエ音楽「中国の不思議な役人」 Op. 19, BB 82

A csodálatos mandarin (The Miraculous Mandarin), Op. 19, BB 82 (concert version)

録音: 20 January 2001, Festspielhaus Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206131
**:**
»  Opening: The Thugs Order the Girl to the Window
1.

-

**:**
»  First Seduction Game: The Girl Entices the Old Rake
2.

-

**:**
»  Second Seduction Game: The Girl Entices the Young Man
3.

-

**:**
»  Third Seduction Game: The Girl Entices the Mandarin
4.

-

**:**
»  The Girl Slowly Begins to Dance for the Mandarin
5.

-

**:**
»  The Dance Concludes: the Mandarin Chases the Girl
6.

-

 
**:**
2つの映像 Op. 10, BB 59

2 Kep (2 Pictures), Op. 10, BB 59

録音: 7 November 2009, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206132
**:**
»  No. 1. Viragzas (In Full Flower)
7.

-

**:**
»  No. 2. A falu tanca (Village Dance)
8.

-

 
**:**
ヴィオラ協奏曲 BB 128 (ティボール・シェルイによる1949年補筆完成版)

Viola Concerto, BB 128 (completed by Tibor Serly, 1949)

録音: 9 October 1992, Kongreßhalle Saarbrücken, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206133
**:**
»  I. Moderato
9.

-

**:**
»  II. Adagio religioso
10.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
11.

-

Disc 7

レオシュ・ヤナーチェク - Leoš Janáček (1854-1928)

**:**
シンフォニエッタ JW VI/18

Sinfonietta, JW VI/18

録音: 20-21 June 2005, Hans-RosbaudStudio, Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206134
**:**
»  I. Allegretto
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Moderato
3.

-

**:**
»  IV. Allegretto
4.

-

**:**
»  V. Andante con moto
5.

-

 
**:**
ヴァイオリン弾きの子ども JW VI/14
6.

Šumařovo dítě (The Fiddler's Child), JW VI/14

録音: 17 July 2005, Estonia Concert Hall, Tallin, Estonia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206135

Disc 8

アンリ・デュティユー - Henri Dutilleux (1916-2013)

**:**
交響曲第2番「ル・ドゥブル」

Symphony No. 2, "Le double"

録音: 27-28 February 2003, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206136
**:**
»  I. Animato, ma misterioso
1.

-

**:**
»  II. Andantino sostenuto
2.

-

**:**
»  III. Allegro fuocoso - Calmato
3.

-

 
**:**
メタボール

Métaboles

録音: 31 May 2006, Philharmonie Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206137
**:**
»  I. Incantatoire -
4.

-

**:**
»  II. Linéaire -
5.

-

**:**
»  III. Obsessionnel -
6.

-

**:**
»  IV. Torpide -
7.

-

**:**
»  V. Flamboyant
8.

-

Disc 9

チャールズ・アイヴズ - Charles Ives (1874-1954)

**:**
交響曲第4番

Symphony No. 4

録音: 20 March 2004, Philharmonie Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206138
**:**
»  I. Prelude
1.

-

**:**
»  II. Comedy: Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Fugue
3.

-

**:**
»  IV. Finale
4.

-

 
**:**
オーケストラ・セット第1番「ニュー・イングランドの3つの場所」

Orchestral Set No. 1, "3 Places in New England"

録音: 21 November 2000, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206139
**:**
»  I. The St. Gaudens in Boston Common (Col. Shaw and his Colored Regiment)
5.

-

**:**
»  II. Putnam's Camp, Redding, Connecticut
6.

-

**:**
»  III. The Housatonic at Stockbridge
7.

-

 
**:**
答えのない質問
8.

The Unanswered Question

録音: 11 March 2003, Konzerthaus Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206140

Disc 10

オリヴィエ・メシアン - Olivier Messiaen (1908-1992)

**:**
鳥の目覚め
1.

Réveil des oiseaux

録音: 27 June 2007, Baden-Baden Hans-Rosbaud-Studio, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206141
 
**:**
異国の鳥たち
2.

Oiseaux exotiques

録音: 12-13 February 2008, Konzerthaus, Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206142
 
**:**
クロノクロミー

Chronochromie

録音: 24 February 2005, Konzerthaus, Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10206143
**:**
»  I. Introduction
3.

-

**:**
»  II. Strophe I
4.

-

**:**
»  III. Antistrophe I
5.

-

**:**
»  IV. Strophe II
6.

-

**:**
»  V. Antistrophe II
7.

-

**:**
»  VI. Épôde
8.

-

**:**
»  VII. Coda
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/07/01
1999年から2011年までバーデン=バーデン・フライブルクSWR交響楽団の常任指揮者を務めたシルヴァン・カンブルランの75歳を記念して、SWRのアーカイヴから初出音源多数を含む10枚組ボックスが登場。20世紀音楽ファン必聴と言えそうな内容です。【これらを聴かずして、20世紀音楽は語れない。そう言いたくなるような充実したセット】読響の常任指揮者を長らく務め、オーケストラのサウンドを一新したシルヴァン・カンブルラン。彼がバーデン=バーデン・フライブルクSWR放送響(南西ドイツ放送響)の常任指揮者に就いていた期間を含む、1992年から2016年までの録音が10枚組のセットになった(バルトークのヴィオラ協奏曲のみザールブリュッケン放送響)。ベルリオーズからメシアンまで、彼がもっとも得意としたレパートリーが一望の下に俯瞰できる構成だ。その6割程度が初出音源というのも嬉しい。とりわけ20世紀の音楽を十八番にしていたカンブルラン。この時代ならではの、晦渋だったり、いかつい雰囲気をもった音楽を優雅に、色彩豊かに表現するのが彼の持ち味だ。たとえば、鉛色のイメージに染められがちなシェーンベルクやベルクの作品から、鮮やかな極彩色やほのかに薫る官能性を引き出してくれる。ウェーベルン「大オーケストラのための6つの小品」とドビュッシー「6つの古代の墓碑銘」を互い違いに組み合わせ、両者を違和感なく溶け込ませることができるのはカンブルランだけだろう。バルトークの「中国の不思議な役人」やヤナーチェクの「シンフォニエッタ」では驚異的な見通しの良さで作品の精緻さを浮き彫りにしつつ、陰影豊かな表現で魅了する。ストラヴィンスキーの「春の祭典」も暴力的なところなく、エレガントなサウンドが愉悦を誘ってくれるほどだ。また、アイヴズの問題作である交響曲第4番は、あちこちに飛び散らかる様々な要素をデリケートに積み重ね、一つの大いなる流れを作り出す。いずれも、かつてない完成度を誇る演奏だ。ドビュッシーやラヴェルなどのフランス音楽は、その音色の乾湿を使い分け、適切に整えられたバランスによって音が過不足なく空間を満たすようなデザイン感覚が見事。曲のすみずみまで、しなやかな響きで聴かせるのだ。優秀なドイツの放送オーケストラが、さらに明晰さを際立てる演奏をしているのも頼もしい。ベルリオーズの序曲集では抒情性と運動性を巧みに交代させ、めくるめく興奮を導く。また、デュティユーならではの深さと鋭さをもった音楽も、そうしたベルリオーズの延長線上にあることをカンブルランの演奏は教えてくれよう。そして、彼のライフワークともいえるメシアンの作品。サイケデリックといいたくなるほどに色彩による楽園を燦然と築く。これらを聴かずして、20世紀音楽は語れない。そう言いたくなるような充実したセットになった。                                               鈴木淳史(音楽評論)【カンブルラン氏の75歳記念ボックスに寄せて】私共のオーケストラ(元バーデン=バーデン・フライブルクSWR交響楽団) の常任指揮者にカンブルラン氏が就任されたのは1999年のシーズンでした。それ以来2011年夏迄、本当に長年に亘り優れた功績を残されました。カンブルラン氏の元ではラモーから刷り上がったばかりの現代曲まで、2世紀半を超える幅広いレパートリーを学ぶことが出来ました。その上マエストロのパートナーでいらした 故ジェラール・モルティエ氏のお招きで、ザルツブルク音楽祭、ルール・トリエンナーレ、マドリード等、斬新なプログラムでヨーロッパ各地を公演出来たのは、かけがえのない経験と思い出になりました。マドリードでのオペラ公演、メシアンの《アッシジの聖フランチェスコ》は4時間に亘る大作です。現地での練習の日々の間にカンブルラン氏は肩を痛めてしまわれた事もありましたが、氏の強靭な意志と情熱で、プレミエも、続く4回の公演も盛況に終わりました。カンブルラン氏は、楽団員を非常に大切に思って接して下さっているように、事あるごとに感じられました。例えば録音中にトーンマイスターからクレームが入ると、自分の責任とばかりに対応されるので、楽団員は次の撮り直しテイクには「今度こそ!」という気持ちにさせられたものです。個人的な想い出は、たぶん氏が読売交響楽団に就任された頃だったと思いますが、演奏旅行中に列車待ちのホームで突然話しかけられ、「こんなに無駄話の無いオーケストラは初めてだ!」としきりに読響の規律正しさに感心されるので、日本人として誇らしい一方で、我がオーケストラのお喋り好きの顔が次々と浮かんできて苦笑したものでした。又ある時に私がうっかり頭を怪我して欠席した翌日、ドナウエッシンゲン現代音楽祭のゲネプロに直行したところ、プローべ中に目が合った途端、大層込み入った指揮の最中にもかかわらず、「大丈夫?」とばかりに片手を頭に当てる仕草をなさり、私はそれこそ目が釘づけになってしまいました。いつもユーモアたっぷりの氏の語調は今でも団員の間に引き継がれ、似たようなシチュエーションの場で懐かしく飛び出してきます。2012年2月の日本公演前に、東日本大震災の復興支援募金をドイツ各地の公演で集めておりましたら、カンブルラン氏は既に常任指揮者から離れていらしたにもかかわらず、多額な寄付をして下さったことも忘れられません。どうぞこれからも永くお元気で、益々のご活躍を切に願っております。                                        南西ドイツ放送交響楽団ヴィオラ奏者 中閑光子

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。