ホーム > アルバム > SWR19418CD ヒンデミット/ラウタヴァーラ:チェロ協奏曲集/プロコフィエフ:交響的協奏曲(シュタルケル/ルカーチ/ブール/ブロムシュテット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SWR19418CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
パウル・ヒンデミット Paul Hindemith , セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev , エイノユハニ・ラウタヴァーラ Einojuhani Rautavaara
アーティスト
ヤーノシュ・シュタルケル János Starker , シュトゥットガルト放送交響楽団 Stuttgart Radio Symphony Orchestra , バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送交響楽団 South West German Radio Symphony Orchestra, Baden-Baden and Freiburg , エルネスト・ブール Ernest Bour , ヘルベルト・ブロムシュテット Herbert Blomstedt , アンドレアス・フォン・ルカーチ Andreas von Lukacsy

ヒンデミット/ラウタヴァーラ:チェロ協奏曲集/プロコフィエフ:交響的協奏曲(シュタルケル/ルカーチ/ブール/ブロムシュテット)

HINDEMITH, P. / RAUTAVAARA, E.: Cello Concertos / PROKOFIEV, S.: Symphony-Concerto (Starker, Lukacsy, Bour, Blomstedt)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19418CD

全トラック選択/解除

パウル・ヒンデミット - Paul Hindemith (1895-1963)

**:**
チェロ協奏曲

Cello Concerto

録音: 14 January 1971, Funkstudio Stuttgart
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6514794
**:**
»  I. Maßig schnell
1.

-

**:**
»  II. Ruhig bewegt - Sehr lebhaft - Im fruheren langsamen Zeitmass
2.

-

**:**
»  III. Marsch: Lebhaft - Trio [nach einem alten marsch] - Lebhafter
3.

-

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
交響的協奏曲 ホ短調 Op. 125

Symphony-Concerto in E Minor, Op. 125

録音: 16 August 1975, Hans-Rosbaud Studio, Baden-Baden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6514795
**:**
»  I. Andante
4.

-

**:**
»  II. Allegro giusto
5.

-

**:**
»  III. Andante con moto
6.

-

エイノユハニ・ラウタヴァーラ - Einojuhani Rautavaara (1928-2016)

**:**
チェロ協奏曲 Op. 41

Cello Concerto, Op. 41

録音: 6 February 1975, Hans-Rosbaud Studio, Baden-Baden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6514796
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
7.

-

**:**
»  II. Largo
8.

-

**:**
»  III. Vivace
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/03/01
ハンガリー生まれの名チェリスト、ヤーノシュ・シュタルケル。彼の演奏は「火と氷の融合」と評されるほどに、張り詰めた緊張感と豊かな音楽性が込められた素晴らしいものでした。このアルバムで演奏されているのは、シュタルケルが“20世紀最高のチェロ協奏曲”と評したヒンデミットの協奏曲と、独奏パートが難しいことで知られるプロコフィエフの交響的協奏曲、シュタルケルの初レパートリーとなったラウタヴァーラの協奏曲の全3曲。シュタルケルは常にオーケストラとのバランスを考慮しながら、説得力のある演奏を繰り広げています。SWR所蔵のオリジナル・テープからデジタル・リマスタリングを行っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。