ホーム > アルバム > SWR19504CD ラヴェル:クープランの墓/シェエラザード/古風なメヌエット(バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送響/ブール)

ラヴェル:クープランの墓/シェエラザード/古風なメヌエット(バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送響/ブール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SWR19504CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
作詞家
トリスタン・クリングソル Tristan Klingsor
アーティスト
アーリーン・オジェー Arleen Augér , ピーナ・カルミレッリ Pina Carmirelli , バーデン=バーデン南西ドイツ放送交響楽団 South West German Radio Symphony Orchestra, Baden-Baden , バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送交響楽団 South West German Radio Symphony Orchestra, Baden-Baden and Freiburg , エルネスト・ブール Ernest Bour

ラヴェル:クープランの墓/シェエラザード/古風なメヌエット(バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送響/ブール)

RAVEL, M.: Tombeau de Couperin (Le) / Shéhérazade / Menuet antique (South West German Radio Symphony Orchestra, Baden-Baden and Freiburg, Bour)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19504CD

全トラック選択/解除

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
クープランの墓

Le tombeau de Couperin (version for orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6514786
**:**
»  No. 1. Prélude
1.

-

**:**
»  No. 2. Forlane
2.

-

**:**
»  No. 3. Menuet
3.

-

**:**
»  No. 4. Rigaudon
4.

-

 
**:**
シェエラザード(声楽と管弦楽版)

Shéhérazade (version for voice and orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6515693
**:**
»  I. Asie
5.

-

**:**
»  II. La flûte enchantée
6.

-

**:**
»  III. L'indifférent
7.

-

 
**:**
古風なメヌエット(管弦楽版)
8.

Menuet antique (version for orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6515694
 
**:**
ツィガーヌ
9.

Tzigane (version for violin and orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6515695
 
**:**
ダフニスとクロエ 第1組曲

Daphnis et Chloë Suite No. 1, "Fragments symphoniques"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6515696
**:**
»  I. Nocturne
10.

-

**:**
»  II. Interlude
11.

-

**:**
»  III. Danse guerrière
12.

-

 
**:**
ダフニスとクロエ 第2組曲

Daphnis et Chloë Suite No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6515697
**:**
»  I. Lever du jour
13.

-

**:**
»  II. Pantomime
14.

-

**:**
»  III. Danse générale
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/03/01
フランスの名指揮者エルネスト・ブール(1913-2001)。ミュンシュとシェルヘンに指揮法を学んだブールは近現代の作品を得意としていましたが、このラヴェルでも、精緻なオーケストレーションを生かし、華麗かつ緻密な演奏をしています。東洋風な雰囲気を湛えた歌曲集「シェエラザード」で独唱を務めるのはアメリカ出身のソプラノ、オジェー。澄み渡った声が魅力的です。長らくイ・ムジチ合奏団で活躍していたカルミレッリのヴァイオリンで聴く「ツィガーヌ」も素晴らしい演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。