ホーム > アルバム > SWR19509CD エルガー:エニグマ変奏曲/序曲「南国にて」/序奏とアレグロ(シュトゥットガルト放送響/ノリントン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SWR19509CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エドワード・エルガー Edward Elgar
アーティスト
シュトゥットガルト放送交響楽団 Stuttgart Radio Symphony Orchestra , ロジャー・ノリントン Roger Norrington

エルガー:エニグマ変奏曲/序曲「南国にて」/序奏とアレグロ(シュトゥットガルト放送響/ノリントン)

ELGAR, E.: Enigma Variations / In the South / Introduction and Allegro (Stuttgart Radio Symphony, Norrington)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19509CD

全トラック選択/解除

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
序曲「南国にて」 Op. 50
1.

In the South Overture, Op. 50, "Alassio"

録音: 30 September - 1 October 2010, Beethovensaal, Liederhalle Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6683524
 
**:**
序奏とアレグロ Op. 47
2.

Introduction and Allegro, Op. 47

録音: 4-5 October 2010, Funkstudio SWR Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6683525
 
**:**
エニグマ変奏曲 Op. 36

Variations on an Original Theme, Op. 36, "Enigma"

録音: 13-14 December 2007, Beethovensaal, Liederhalle Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6683526
**:**
»  Theme: Andante -
3.

-

**:**
»  Variation 1: C. A. E. (The Composer's Wife)
4.

-

**:**
»  Variation 2: H. D. S-P. (Hew David Steuart-Powell)
5.

-

**:**
»  Variation 3: R. B. T. (Richard Baxter Townshend)
6.

-

**:**
»  Variation 4: W. M. B. (William Meath Baker)
7.

-

**:**
»  Variation 5: R. P. A. (Richard Penrose Arnold) -
8.

-

**:**
»  Variation 6: Ysobel (Isabel Fitton)
9.

-

**:**
»  Variation 7: Troyte (Troyte Griffith)
10.

-

**:**
»  Variation 8: W. N. (Winifred Norbury) -
11.

-

**:**
»  Variation 9: Nimrod (A. J. Jaeger)
12.

-

**:**
»  Variation 10: Intermezzo: Dorabella (Dora Penny)
13.

-

**:**
»  Variation 11: G. R. S. (George Robertson Sinclair)
14.

-

**:**
»  Variation 12: B. G. N. (Basil G. Nevinson) -
15.

-

**:**
»  Variation 13: Romanza: *** (Lady Mary Lygon)
16.

-

**:**
»  Variation 14: Finale: E. D. U. (The Composer)
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2018/06/01
近代英国を代表する作曲家の一人エルガーの管弦楽作品を、やはり英国出身のノリントンが深い共感を持って描いており、ヴィブラートを極力抑えた透明度高い響きもあいまって、その魅力を存分に引き出しています。エルガーの最も人気のある管弦楽作品「エニグマ変奏曲」、スリリングな序曲「南国にて」、弦楽四重奏と弦楽合奏のための洗練された作品「序奏とアレグロ」を収録。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。