ホーム > アルバム > SWR19516CD オルフ:カルミナ・ブラーナ(独唱、合唱、2台ピアノと打楽器編)(シュトゥットガルト声楽アンサンブル/フーバー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SWR19516CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
カール・オルフ Carl Orff
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
クリストフ・ヴィートマン Christoph Wiedmann , ヤーコプ・エッシェンブルク Jakob Eschenburg , グラウシューマッハー・ピアノ・デュオ GrauSchumacher Piano Duo , クリストフ・ゲンツ Christoph Genz , シュテファン・ゲンツ Stephan Genz , シュトゥットガルト州立歌劇場児童合唱団 Stuttgart State Opera Children's Chorus , ノルベルト・シュミット=ラウクスマン Norbert Schmitt-Lauxmann , マルクス・フィッシャー Markus Fischer , ルペルト・フーバー Rupert Huber , フランク・ベーレ Frank Behle , レンネケ・ライテン Lenneke Ruiten , マルティン・ルーダ Martin Ruda , 南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル South West German Radio Vocal Ensemble

オルフ:カルミナ・ブラーナ(独唱、合唱、2台ピアノと打楽器編)(シュトゥットガルト声楽アンサンブル/フーバー)

ORFF, C: Carmina Burana (arr. for soloists, choruses, 2 pianos and percussion) (Stuttgart Vocal Ensemble, R. Huber)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19516CD

全トラック選択/解除

カール・オルフ - Carl Orff (1895-1982)

**:**
カルミナ・ブラーナ(ソリスト、合唱、2台ピアノと打楽器編)

Carmina Burana (version for soloists, choruses, 2 pianos and percussion)

録音: 24, 27-30 September 2010, Funkstudio
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7008341
**:**
»  Fortuna Imperatrix Mundi: O Fortuna
1.

-

**:**
»  Fortuna Imperatrix Mundi: Fortune plango vulnera
2.

-

**:**
»  I. Primo vere: Veris leta facies
3.

-

**:**
»  I. Primo vere: Omnia sol temperat
4.

-

**:**
»  I. Primo vere: Ecce gratum
5.

-

**:**
»  Uf dem anger: Tanz
6.

-

**:**
»  Uf dem anger: Floret Silva
7.

-

**:**
»  Uf dem anger: Chramer, gip die varwe mir
8.

-

**:**
»  Uf dem anger: Reie
9.

-

**:**
»  Uf dem anger: Were diu werlt alle min
10.

-

**:**
»  II. In taberna: Estuans interius
11.

-

**:**
»  II. In taberna: Olim lacus colueram
12.

-

**:**
»  II. In taberna: Ego sum abbas
13.

-

**:**
»  II. In taberna: In taberna quando sumus
14.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Amor volat undique
15.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Dies, nox et omnia
16.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Stetit puella
17.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Circa mea pectora
18.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Si puer cum puellula
19.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Veni, veni, venias
20.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: In trutina
21.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Tempus est iocundum
22.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Dulcissime
23.

-

**:**
»  Blanziflor et Helena: Ave formosissima
24.

-

**:**
»  Fortuna Imperatrix Mundi: O Fortuna
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/03/01
オルフの代表作であり、強烈なインパクトを隠せない名作カルミナ・ブラーナ。オリジナルのオーケストラ伴奏はいうまでもなく迫力がありますが、それを2台ピアノと打楽器伴奏に編曲したこの録音もかなりの衝撃です。既にBISレーベルからも同様のアレンジでの録音がリリースされていますが、この録音のすごいところは、オルフ自身が弟子であるキルマイヤーに要請して編曲させた版であるということ。声楽と打楽器パートはオリジナルそのままです。オーケストラ部分が簡潔になっている分、声楽のラインが浮き彫りになり、この曲の真価を発見出来ます。大幅なプライス・ダウンで再発売。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。