ホーム > アルバム > SWR19522CD ラフマニノフ:徹夜祷(南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル/クリード)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SWR19522CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament
アーティスト
マーカス・クリード Marcus Creed , ウルリケ・コッホ Ulrike Koch , ミハイル・ニキフォロフ Mikhail Nikiforov , アレクサンドル・ユデンコフ Alexander Yudenkov , 南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル South West German Radio Vocal Ensemble

ラフマニノフ:徹夜祷(南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル/クリード)

RACHMANINOV, S.: All-night Vigil, "Vespers" (South West German Radio Vocal Ensemble, M. Creed)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19522CD

全トラック選択/解除

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
徹夜祷 Op. 37

All-Night Vigil, Op. 37, "Vespers"

録音: 14-18 June 2004, Christuskirche Stuttgart-Gänsheide, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7202228
**:**
»  Intonatio: Arise! Master, bless!
1.

-

**:**
»  Beginning song: Come let us worship
2.

-

**:**
»  Psalm 103 (104), "O praise the Lord"
3.

-

**:**
»  Blessed is the man
4.

-

**:**
»  O Joyful Light
5.

-

**:**
»  Song of Simeon: Lord, now let your servant depart
6.

-

**:**
»  Hail, O Virgin Mother (Ave Maria)
7.

-

**:**
»  Hexapsalms: Glory to God on high
8.

-

**:**
»  Psalm 134-135 (135-136), "O praise the name of the Lord"
9.

-

**:**
»  Glorifying song of the Resurrection: Teach me O lord in the way of truth
10.

-

**:**
»  Hymn of Resurrection: We have seen the resurrection
11.

-

**:**
»  Magnificat: My soul proclaims the greatness of the Lord
12.

-

**:**
»  Great Doxology: Glory be to God on high
13.

-

**:**
»  Resurrection hymn (Troparion): This day of salvation has come to the world
14.

-

**:**
»  Resurrection hymn (Troparion): When you had risen
15.

-

**:**
»  Thanksgiving hymn of Virgin Mary: O victorious leader
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/06/01
ロシア正教会の公式祷の一つ「徹夜祷」は大晩課と早課と一時課を組み合わせた祈りの形式。聖体礼儀を準備する盛儀でもあり、様々な作曲家が曲を付けています。なかでもこのラフマニノフの曲が最も演奏機会が多く、彼自身も「自らの葬儀では第5曲を使用してほしい」と懇願したほどの力作です。声のみで「鐘」の響きを模索するなど多様な表現が用いられた作品ですが、クリードが率いる南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブルは、鮮やかな歌い口で曲をまとめています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。