ホーム > アルバム > SWR19523CD ブルックナー:交響曲第6番/K.A. ハルトマン:交響曲第6番(バーデン=バーデン南西ドイツ放送響/ライトナー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SWR19523CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
カール・アマデウス・ハルトマン Karl Amadeus Hartmann , アントン・ブルックナー Anton Bruckner
アーティスト
バーデン=バーデン南西ドイツ放送交響楽団 South West German Radio Symphony Orchestra, Baden-Baden , フェルディナンド・ライトナー Ferdinand Leitner

ブルックナー:交響曲第6番/K.A. ハルトマン:交響曲第6番(バーデン=バーデン南西ドイツ放送響/ライトナー)

BRUCKNER, A.: Symphony No. 6 / HARTMANN, K.A.: Symphony No. 6 (South West German Radio Symphony Orchestra, Baden-Baden, Leitner)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SWR19523CD

全トラック選択/解除

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
交響曲第6番 イ長調 WAB 106 (ノヴァーク版)

Symphony No. 6 in A Major, WAB 106 (ed. L. Nowak)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7389212
**:**
»  I. Majestoso
1.

-

**:**
»  II. Adagio. Sehr feierlich
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Nicht schnell
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Bewegt, doch nicht zu schnell
4.

-

カール・アマデウス・ハルトマン - Karl Amadeus Hartmann (1905-1963)

**:**
交響曲第6番

Symphony No. 6

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7389213
**:**
»  I. Adagio
5.

-

**:**
»  II. Toccata variata. Presto
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/08/01
1881年に作曲された親密さと大胆さを併せ持つブルックナーの「交響曲第6番」と、1938年に書かれた標題交響曲「ルーヴル L'?uvre 」を、1953年に作曲家自身がタイトルなしの2楽章形式の交響曲に改訂した、陰鬱さと狂乱が入り混じるハルトマンの「交響曲第6番」の組み合わせ。ドイツ音楽のスペシャリストであるライトナーは、この2曲がお気に入りであり、とりわけハルトマン作品は歌劇も含め、積極的に演奏、作品の普及に尽力したことで知られています。堂々たるブルックナーと、変化に富む楽想を見事に振り分けたハルトマン、2曲の対比も聴きどころです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。