ホーム > アルバム > Steinway30065 リスト:ピアノ作品集(ファルカシュ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
Steinway30065
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フランツ・リスト Franz Liszt
アーティスト
ガボール・ファルカシュ Gábor Farkas

リスト:ピアノ作品集(ファルカシュ)

LISZT, F.: Piano Music (G. Farkas)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/Steinway30065

全トラック選択/解除

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
グノーの歌劇「ファウスト」からのワルツ S407/R166
1.

Valse de l'opera Faust de Gounod, S407/R166

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5383542
 
**:**
ヴェルディ - 歌劇「アイーダ」から神前の踊りと終幕の二重唱 S436/R269
2.

Verdi - Aida: Danza sacra e duetto final, S436/R269

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5401183
 
**:**
ショパン - 6つのポーランドの歌 S480/R145(抜粋)

Chopin - 6 Chants polonais, S480/R145 (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5401184
**:**
»  No. 2. Frühling (Wiosna, Spring)
3.

-

**:**
»  No. 5. Mein Freuden (Moja pieszczotka, My Joys)
4.

-

 
**:**
ワーグナー - 楽劇「トリスタンとイゾルデ」から「イゾルデの愛の死」 S447/R280
5.

Wagner - Isoldes Liebestod from Tristan und Isolde, S447/R280

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5401185
 
**:**
クララ・シューマンの歌曲 S569/R257, Nos. 8-10

Lieder von Clara Schumann, S569/R257, Nos. 8-10

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5401186
**:**
»  No. 8. Warum willst du andere fragen?
6.

-

**:**
»  No. 9. Ich hab' in deinem Auge
7.

-

**:**
»  No. 10. Geheimes Flustern hier und dort
8.

-

 
**:**
シューマン - 愛の歌 「献呈」 S566/ R253
9.

Schumann - Liebeslied, S566/R253, "Widmung"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5401187
 
**:**
死の舞踏 S525/R188
10.

Totentanz, S525/R188

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5401188
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/11/01
1981年、ハンガリー生まれの超絶技巧ピアニスト、ガボール・ファルカシュ。ハンガリー国立リスト音楽院を卒業し、2009年にワイマールで開催された“第6回フランツ・リスト国際ピアノコンクール”で優勝。以降数多くのコンクールに入賞し、2012年にはリスト賞も受賞、現在はリスト音楽院で後進の指導にあたっています。先頃亡くなったゾルタン・コチシュからも高く評価されていたファルカシュ、2015年には「カーネギー世界オーディション」で優勝、リサイタルの権利も勝ち取った俊英です。このアルバムでは得意のリスト作品を10曲演奏。もともとは声楽曲であったり、オペラからの一場面の音楽をリストが華麗に編曲したこれらの曲は、ピアニストの技術を明らかにするとともに、表現力の高さも要求される難曲揃いです。ファルカシュはどの曲も淀みなく演奏しています。例えばシューマンの「献呈」(トラック9)での柔らかく爽やかな響きと、「死の舞踏」(トラック10)での激しい打鍵などの表現力の違いに耳を傾けてみてください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。