ホーム > アルバム > TOCC0024 レントヘン:室内楽作品集 1 (佐原敦子/レナハン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0024
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ユリウス・レントヘン Julius Röntgen
アーティスト
佐原敦子 Atsuko Sahara , ジョン・レネハン John Lenehan

レントヘン:室内楽作品集 1 (佐原敦子/レナハン)

RÖNTGEN, J.: Chamber Music, Vol. 1 (Sahara, Lenehan)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0024

全トラック選択/解除

ユリウス・レントヘン - Julius Röntgen (1855-1932)

**:**
ロマンス ト短調
1.

Romanze in G minor

録音: 26-28 March 2008, The Music Room, Champs Hill, Pulborough, Sussex, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3629267
 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ ホ長調 Op. 40

Violin Sonata in E Major, Op. 40

録音: 26-28 February 2010, The Music Room, Champs Hill, Pulborough, Sussex, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3629320
**:**
»  I. Allegro non troppo e cantabile
2.

-

**:**
»  II. Allegro ben moderato
3.

-

**:**
»  III. Lento
4.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro molto
5.

-

 
**:**
幻想曲

Phantasie

録音: 26-28 March 2008, The Music Room, Champs Hill, Pulborough, Sussex, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3629321
**:**
»  I. Adagio quasi improvisando
6.

-

**:**
»  II. Allegro scherzando
7.

-

**:**
»  III. Lento
8.

-

**:**
»  IV. Allegro energico
9.

-

**:**
»  IV. Adagio
10.

-

 
**:**
組曲「ヨトゥンハイメンより」(ヴァイオリンとピアノ版)

Suite, "Aus Jotunheim" (version for violin and piano)

録音: 26-28 March 2008, The Music Room, Champs Hill, Pulborough, Sussex, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3629322
**:**
»  I. Lento, ma un poco andante
11.

-

**:**
»  II. Vivo ed energico
12.

-

**:**
»  III. Andante con moto
13.

-

**:**
»  IV. Allegro giocoso
14.

-

**:**
»  V. Lento, con gran expressione
15.

-

 
**:**
ソナタ・トリロジカ

Sonata Trilogica

録音: 26-28 March 2008, The Music Room, Champs Hill, Pulborough, Sussex, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3629323
**:**
»  I. Moderato
16.

-

**:**
»  II. Allegro con fuoco
17.

-

**:**
»  III. Moderato
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/05/01
オランダで活躍したドイツ人の作曲家、音楽教師ユリウス・レントヘン(1855-1932)。父はゲヴァントハウス管のヴァイオリニストであり、母はピアニストという音楽家の家庭で生まれ、幼い頃から父母に音楽を学び、当然のように神童として名を上げ、数多くの音楽家たちとも親交を持ち、25曲の交響曲、17曲の協奏曲、32曲の弦楽四重奏曲、14曲のピアノ三重奏曲など驚異的な数の作品を残しています。彼の作品からは同世代のシューマン、リスト、ブラームスの影響も感じられますが、基本的には穏健な作風を少しずつ発展させ、時代に即した音楽を書いた人です。この中の「ヨトゥンヘイムから」はグリーグの影響を受けた作品で、ノルウェイの民謡に基づく旋律が使われています。ヴァイオリニスト佐原敦子さんは芸大で学んだ後、ウィーンに留学し、ヨハネス・マイスル氏に師事した人。日本国内をはじめ、世界中で幅広く活躍している期待のヴァイオリニストです。東欧の音楽にも造詣が深く、その熱き情熱を秘めた歌心は高く評価されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。