ホーム > アルバム > TOCC0045 ジューベル:連作歌曲と室内楽作品集

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0045
CD発売時期
2007年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 声楽曲
作曲家
ジョン・ジュベール John Joubert
アーティスト
ジョン・ターナー John Turner , リチャード・トゥニクリフ Richard Tunnicliffe , ジョン・マッケイブ John McCabe , レスリー=ジェーン・ロジャーズ Lesley-Jane Rogers

ジューベル:連作歌曲と室内楽作品集

JOUBERT: Song Cycles and Chamber Music

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0045

全トラック選択/解除

ジョン・ジュベール - John Joubert (1927-2019)

**:**
アワー・ハンド Op. 101

The Hour Hand, Op. 101

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/170299
**:**
»  I. The Hour Hand
1.

-

**:**
»  II. Cock round the Clock
2.

-

**:**
»  III. Winter Sun
3.

-

**:**
»  IV. Low Tide
4.

-

**:**
»  V. Horizontal Beams
5.

-

 
**:**
シュロップシャーの丘 Op. 155

Shropshire Hills, Op. 155

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/170300
**:**
»  I. Shropshire Hills
6.

-

**:**
»  II. Early Spring in the Marches
7.

-

**:**
»  III. Clun Forest
8.

-

 
**:**
即興 Op. 120
9.

Improvisation, Op. 120

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/170302
 
**:**
コンタキオン Op. 69
10.

Kontakion, Op. 69

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/170303
 
**:**
ローズ・イズ・シェイクン・イン・ザ・ウィンド Op. 137

The Rose is Shaken in the Wind, Op. 137

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/170304
**:**
»  I. Spring Day in Arrowtown
11.

-

**:**
»  II. Tombstone Song
12.

-

**:**
»  III. The Gardener's Song
13.

-

**:**
»  IV. The Rose is Shaken in the Wind
14.

-

 
**:**
エミリー・ブロントによる6つの詩 Op. 63

6 poems by Emily Bronte, Op. 63

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/170310
**:**
»  No. 1. Harp
15.

-

**:**
»  No. 2. Sleep
16.

-

**:**
»  No. 3. Oracle
17.

-

**:**
»  No. 4. Storm
18.

-

**:**
»  No. 5. Caged Bird
19.

-

**:**
»  No. 6. Immortality
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2013/12/01
ケープタウンに生まれ、1940年代から1950年代にかけてロンドン王立音楽アカデミーで学んだ作曲家ジョン・ジューベル(1927-)。彼の作品は独特のメロディと刺激的な感性に彩られたもので、このアルバムに収録された4つの歌曲集のどれもが印象的な風合いを持っています。リコーダーとソプラノという不思議な組み合わせによる2つの歌曲集「時の針」と「ばらは風に揺れる」を聴いただけで、この作品に取りつかれることは間違いありません。2つの旋律が絡みあい風の中に溶けていく様は、まさに小さな宇宙であり無限の可能性さえ感じさせるものです。また「シュロップシャーの丘」と「エミリー・ブロンテの6つの詩」でピアノを担当しているジョン・マッケイブもイギリスを代表する大作曲家であり、この芸術的コラボも見逃せないものとなっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。