ホーム > アルバム > TOCC0077 レイミー:ピアノ作品集 2 (1966-2007)(コンティ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0077
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フィリップ・レイミー Phillip Ramey
アーティスト
ミリアン・コンティ Mirian Conti

レイミー:ピアノ作品集 2 (1966-2007)(コンティ)

RAMEY, P.: Piano Music, Vol. 2 (1966-2007) (Conti)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0077

全トラック選択/解除

フィリップ・レイミー - Phillip Ramey (1939-)

**:**
ディヴェルシオン

Diversions

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/210596
**:**
»  No. 1. Sarcasm
1.

-

**:**
»  No. 2. Solitude
2.

-

**:**
»  No. 3. The Mouse and the Bear
3.

-

**:**
»  No. 4. Night
4.

-

**:**
»  No. 5. Petrushka
5.

-

**:**
»  No. 6. Specter
6.

-

**:**
»  No. 7. Windmills
7.

-

**:**
»  No. 8. Homage to Prokofiev
8.

-

 
**:**
墓碑銘 第1巻

Epigrams, Book 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/210597
**:**
»  I. Calm
9.

-

**:**
»  II. Sarcastic
10.

-

**:**
»  III. Flowing
11.

-

**:**
»  IV. Declamatory
12.

-

**:**
»  V. Dream - like
13.

-

**:**
»  VI. Singing
14.

-

**:**
»  VII. Jaunty
15.

-

**:**
»  VIII. Somber
16.

-

**:**
»  IX. Vigorous
17.

-

**:**
»  X. Dispassionate
18.

-

**:**
»  XI. Angry
19.

-

 
**:**
レニングラード・ラグ
20.

Leningrad Rag

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/210598
 
**:**
冬の夜想曲
21.

Winter Nocturne

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/210599
 
**:**
トッカータ第1番
22.

Toccata No. 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/210600
 
**:**
F. D. R.のための頌歌
23.

Ode for F. D. R.

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/210601
 
**:**
トッカータ第2番
24.

Toccata No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/210602
 
**:**
ピアノ・ソナタ第4番

Piano Sonata No. 4

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/210603
**:**
»  I. Monologue with Arabesques
25.

-

**:**
»  II. Fantasy - Ballade
26.

-

 
**:**
プリミティーヴォ
27.

Primitivo

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/210604
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
アメリカの作曲家、フィリップ・ラミーの音楽にはプロコフィエフ、及びバルトークの影響が少なからず感じられます。極めて機械的なトッカータ、暗く劇的なピアノ・ソナタ第4番、そしてホロヴィッツのためにかかれたレニングラード・ラグなど十二音に背を向けた作品も含まれています。最新作「プリミティーヴォ」の騒がしさも面白いところです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。