ホーム > アルバム > TOCC0088 スプラトレー:シンフォニエッタ/クラリネット・コンチェルティーノ「バイアード ・リープ」/リコーダー協奏曲「猫のギャラリー」/組曲(スプラトレー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0088
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
フィリップ・スプラトレー Philip Spratley
アーティスト
エイラ・リン・ジョーンズ Eira Lynn Jones , フィリップ・スプラトレー Philip Spratley , ジョン・ターナー John Turner , マンチェスター・シンフォニア Manchester Sinfonia , リンダ・メリック Linda Merrick , トレーシー・レッドファーン Tracey Redfern , ロイヤル・バレエ・シンフォニア Royal Ballet Sinfonia , バリー・ワーズワース Barry Wordsworth

スプラトレー:シンフォニエッタ/クラリネット・コンチェルティーノ「バイアード ・リープ」/リコーダー協奏曲「猫のギャラリー」/組曲(スプラトレー)

SPRATLEY, P.: Sinfonietta / Clarinet Concertino, "Byard's Leap" / Recorder Concertino, "A Gallery of Cats" / Suite (Spratley)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0088

全トラック選択/解除

**:**
シンフォニエッタ Op. 6

Sinfonietta, Op. 6

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/334456
**:**
»  I. Pezzo poco serioso
1.

-

**:**
»  II. Arioso
2.

-

**:**
»  III. Scherzo
3.

-

**:**
»  IV. Pezzo meno serioso
4.

-

 
**:**
クラリネット・コンチェルティーノ「バイアード・リープ」 Op. 27

Clarinet Concertino, Op. 27, "Byard's Leap"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/334457
**:**
»  I. Cadenza - Andante pastorale
5.

-

**:**
»  II. Larghetto e desolato
6.

-

**:**
»  III. Allegro non troppo
7.

-

 
**:**
リコーダー協奏曲「猫のギャラリー」 Op. 26

Recorder Concertino, Op. 26, "A Gallery of Cats"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/334458
**:**
»  I. Alla giga
8.

-

**:**
»  II. Alla pavan
9.

-

**:**
»  III. Corante
10.

-

**:**
»  IV. Lamentoso
11.

-

**:**
»  V. Ostinato
12.

-

**:**
»  VI. Alla valse
13.

-

**:**
»  VII. Rigadoon
14.

-

 
**:**
組曲 「イン・アウトロー・カントリー」 Op. 12b

Suite, Op. 12b, "In Outlaw Country"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/334459
**:**
»  I. Preludio
15.

-

**:**
»  II. Notturno
16.

-

**:**
»  III. Scherzo
17.

-

**:**
»  IV. Lullaby
18.

-

**:**
»  V. Finale
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
このCDに収録されているスプラトレーの作品は、現代英国音楽の持つ新鮮な味わいとオリジナリティを強く感じさせるものです。1942年にノッティンガムシャーで生まれたフィリップ・スプラトレーは、英語のフォーク・ソングを自身の根源とした上で、ショスタコーヴィチやブリテンと言った「新しいもの」を取り入れる柔軟性も持っています。重厚な音色と快活なリズムを用い、更には耳馴染みの良いメロディを多様することで、聴き手を強く惹きつけます。ヴォーン・ウィリアムスを思わせる「シンフォニエッタ」、フィンジを思い起こさせるクラリネット作品、そして絵画をみるかのように鮮やかな「猫のギャラリー」など、一度聴けば誰もが好きになること間違いありません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。