ホーム > アルバム > TOCC0090 ウォルターズ:心の歌/小組曲/ヴァイオリン・ソナタ/子守歌/夕暮れの詩(ファウルズ/トンプソン/ロンドン・コンチェルタンテ/ローズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0090
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 声楽曲, 室内楽
作曲家
ギャレス・ウォルターズ Gareth Walters
作詞家
ルネ=フランソワ・シュリ=プリュドム Rene-Francois Sully-Prudhomme , アンドレ・ティリエ Andre Thiriet , 伝承 Traditional , ポール・ブルジェ Paul Bourget , Eben Fardd , Glan Padarn
アーティスト
アダム・ウォーカー Adam Walker , ニコラ・エイマー Nicola Eimer , アダム・サマーヘイズ Adam Summerhayes , キャロリン・フォークス Carolyn Foulkes , サリー・プライス Sally Pryce , グレゴリー・ローズ Gregory Rose , ロンドン・コンチェルタンテ London Concertante , Wendy Dawn Thompson

ウォルターズ:心の歌/小組曲/ヴァイオリン・ソナタ/子守歌/夕暮れの詩(ファウルズ/トンプソン/ロンドン・コンチェルタンテ/ローズ)

WALTERS, G.: Can y gallon / Little Suite / Violin Sonata / Berceuse / Poesies du soir

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0090

全トラック選択/解除

ギャレス・ウォルターズ - Gareth Walters (1928-)

**:**
Can y galon (Song of the Heart)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/282869
**:**
»  No. 1. Torri Calon (Heartbreak)
1.

-

**:**
»  No. 2. Can Olwen i Afaon (Olwen's Song to Afaon)
2.

-

**:**
»  No. 3. Y Garreg (The Rock)
3.

-

**:**
»  No. 4. Llawer Gwaith (Many a Time)
4.

-

**:**
»  No. 5. Can y Fam i'w Phlentyn (A Mother's Song to her Child)
5.

-

 
**:**
Little Suite

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/282870
**:**
»  I. Allegro
6.

-

**:**
»  II. Lento
7.

-

**:**
»  III. Vivo ben ritmico
8.

-

**:**
»  IV. Allegretto semplice
9.

-

 
**:**
Violin Sonata

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/282871
**:**
»  I. Allegro assai
10.

-

**:**
»  II. Lento poco sostenuto
11.

-

**:**
»  III. Moderato
12.

-

**:**
»  IV. Allegro energico
13.

-

 
**:**
子守歌
14.

Berceuse

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/282872
 
**:**
Poisies du soir (Poems of the Evening)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/282873
**:**
»  No. 1. L'Ideal (The Ideal)
15.

-

**:**
»  No. 2. Promenade sur l'eau (Promenade on the Water)
16.

-

**:**
»  No. 3. Nuit d'été (Summer Night)
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ウェールズの作曲家、ギャレス・ウォルターズは1950年代の初め、パリでリヴィエールとメシアンに学び、そのエレガントで洒脱な書法を身につけました。その前にはブリテンの影響も受けていた彼の書いた作品は、どれも神秘的で少しばかりの夜の雰囲気を身に纏っているようです。ウェールズの言葉で書かれた「心の歌」にはその地の民謡も見え隠れします。フランス風の趣きを持つ「フルートとハープのための小組曲」、名歌手マーガレット・プライスのために書かれた「夕べの詩」など、どれもがじっくりと聴きたい優れた作品と言えるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。