ホーム > アルバム > TOCC0099 ゲルンスハイム:ピアノ五重奏曲第1番、第2番(オガネシアン/アート・ヴィーオ弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0099
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
フリードリヒ・ゲルンスハイム Friedrich Gernsheim
アーティスト
アート・ヴィーオ弦楽四重奏団 Art Vio String Quartet , エドゥアルド・オガネシアン Edouard Oganessian

ゲルンスハイム:ピアノ五重奏曲第1番、第2番(オガネシアン/アート・ヴィーオ弦楽四重奏団)

GERNSHEIM, F.: Piano Quintets Nos. 1 and 2 (Oganessian, Art Vio String Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0099

全トラック選択/解除

フリードリヒ・ゲルンスハイム - Friedrich Gernsheim (1839-1916)

**:**
ピアノ五重奏曲第1番 ニ短調 Op. 35

Piano Quintet No. 1 in D Minor, Op. 35

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406554
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Andante molto cantabile
2.

-

**:**
»  III. Vivace ed energico
3.

-

**:**
»  IV. Allegro con brio
4.

-

 
**:**
ピアノ五重奏曲第2番 ロ短調 Op. 63

Piano Quintet No. 2 in B Minor, Op. 63

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406555
**:**
»  I. Molto moderato
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Allegretto molto grazioso e sempre scherzando
7.

-

**:**
»  IV. Allegro giocoso, ma non troppo presto
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ドイツの作曲家、指揮者、ピアニスト、ゲルンスハイムの室内楽作品集です。ドイツ連邦共和国のヴォルムスに生まれ、7歳から地元の音楽監督リーベ(シュポアの弟子)に学び音楽の素養を得ました。1848年から革命を避け、一家はマインツ、ライプツィヒと住まいを変え、ライプツィヒではピアノをモシェレスに学びます。1855年から1860年までパリに留学したことで、ラロやサン=サーンスとも親交を深めています。しかしながら彼の作風はドイツロマン派に属するもので、ブラームスやシューマンと同じように堅固な構成を持ち、重厚な音と響きで勝負します。彼の作品は、すっかり忘れ去られていましたが、10年ほど前に交響曲全集が発売された時、熱狂的な聴き手の間で少しだけブームが起きたことがありました。それ以来、少しずつ録音の数も増えてきてはいますが、そろそろ、もっと多くの人に愛されてもよい時期が来たのかもしれません。それほどまでに魅力的な作品ばかりです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。