ホーム > アルバム > TOCC0105 ペイコ:ピアノ作品全集 2 (コロステリョフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0105
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ニコライ・イヴァノヴィチ・ペイコ Nikolay Ivanovich Peyko
アーティスト
ドミートリー・コロステリョフ Dmitry Korostelyov , マリア・ジェメシウク Maria Dzhemesiuk

ペイコ:ピアノ作品全集 2 (コロステリョフ)

PEYKO, N.I.: Piano Music (Complete), Vol. 2 (Korostelyov)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0105

全トラック選択/解除

ニコライ・イヴァノヴィチ・ペイコ - Nikolay Ivanovich Peyko (1916-1995)

**:**
演奏会用練習曲
1.

Concert Etude

録音: 27 May and 7 June 2008, Concert Hall of the Gnessin Musical College, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4082107
 
**:**
ソナチネ第1番 ニ長調

Piano Sonatina No. 1 in D Major

録音: 27 May and 7 June 2008, Concert Hall of the Gnessin Musical College, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4082189
**:**
»  I. Allegro con spirito
2.

-

**:**
»  II. Larghetto
3.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro
4.

-

 
**:**
ソナチネ ニ短調 「おとぎ話」
5.

Sonatina in D Minor, "Skazka"

録音: 27 May and 7 June 2008, Concert Hall of the Gnessin Musical College, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4082190
 
**:**
ピアノ・ソナタ第3番

Piano Sonata No. 3

録音: 27 May and 7 June 2008, Concert Hall of the Gnessin Musical College, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4082191
**:**
»  I. Toccata: Allegro molto
6.

-

**:**
»  II. Intrada and Aria: Lamento: Andante
7.

-

**:**
»  III. Scherzo
8.

-

**:**
»  IV. Prelude and Fugue: Adagio
9.

-

 
**:**
左手ののためのソナタ

Sonata for the Left Hand

録音: 27 May and 7 June 2008, Concert Hall of the Gnessin Musical College, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4082192
**:**
»  I. Allegro
10.

-

**:**
»  II. Adagio
11.

-

**:**
»  III. Moderato
12.

-

**:**
»  IV. Sostenuto
13.

-

 
**:**
演奏会用t変奏曲
14.

Concert Variations

録音: 24 January 2009, Great Hall of Moscow Conservatory, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4082193
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/02/01
帝政ロシアからソヴィエトへと移り変わりつつあった1905年以降は、この国の芸術家たちにとっても厳しい時代でした。このニコライ・ペイコ(1916-1995)もそんな作曲家の一人です。「帝政ロシア」の良き文化を引き継ぐ音楽的な家庭に生まれ、幼い頃からピアノを学び、ショスタコーヴィチの助手を務め、ミヤスコフスキーに師事するというエリートであり、9曲の交響曲や数多くの管弦楽作品、ピアノ曲を書きましたが、他の作曲家たちにように政権によって活動を制限され、そのまま忘れられてしまったのです。彼のピアノ曲には重厚な響きと、時にはショスタコーヴィチのような皮肉があり、また仄かな郷愁も感じられます。この2巻からなるペイコのピアノ曲集は、この時代を映し出す鏡のようなものといえるでしょう。ピアニスト、コロステリョフは1979年生まれ。モスクワで学び、ペイコの第1集をはじめ、ヴァインベルクなど数々のロシア音楽を録音しています。共感に満ちた音が心に残ります。 第1集…TOCC-104

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。