ホーム > アルバム > TOCC0127 ワシレンコ:ヴィオラとピアノのための作品全集(アルタモノーヴァ/ウォーカー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0127
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
セルゲイ・ヴァシレンコ Sergey Vasilenko
編曲者
エレーナ・アルタモノーヴァ Elena Artamonova
アーティスト
エレーナ・アルタモノーヴァ Elena Artamonova , ニコラス・ウォーカー Nicholas Walker

ワシレンコ:ヴィオラとピアノのための作品全集(アルタモノーヴァ/ウォーカー)

VASILENKO, S.: Viola and Piano Music (Complete) (Artamonova, Walker)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0127

全トラック選択/解除

セルゲイ・ヴァシレンコ - Sergey Vasilenko (1872-1956)

**:**
ヴィオラ・ソナタ Op. 46

Viola Sonata, Op. 46

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1386188
**:**
»  Allegro moderato -
1.

-

**:**
»  Andante amorevole -
2.

-

**:**
»  Fughetta: Molto energico -
3.

-

**:**
»  Tempo del commincio: Allegro moderato
4.

-

 
**:**
子守歌
5.

Lullaby

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1398989
 
**:**
16-17世紀のリュート音楽の主題による4つの小品 Op. 35

4 Pieces on Themes of Lute Music of the 16-17th Centuries, Op. 35

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1398990
**:**
»  No. 1. Pavane
6.

-

**:**
»  No. 2. Madonna Tenerina
7.

-

**:**
»  No. 3. Serenade for the Lady of my Heart
8.

-

**:**
»  No. 4. Knights
9.

-

 
**:**
スリーピング・リヴァー
10.

Sleeping River

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1398991
 
**:**
東洋風舞曲 Op. 47 (編曲:E. アルタモノーヴァ)
11.

Oriental Dance, Op. 47 (arr. E. Artamonova)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1398992
 
**:**
ゾディアクス組曲 I.A.S Op. 27 (ヴィオラとピアノ編)

Suite Zodiakus I.A.S, Op. 27 (version for viola and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1398993
**:**
»  I. Overture
12.

-

**:**
»  II. Passacaille
13.

-

**:**
»  III. Minuet
14.

-

**:**
»  IV. Plainte
15.

-

**:**
»  V. Musette
16.

-

 
**:**
4つの小品

4 Pieces

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1398994
**:**
»  No. 1. Prelude
17.

-

**:**
»  No. 2. Etude
18.

-

**:**
»  No. 3. Legend
19.

-

**:**
»  No. 4. Scherzo
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/11/24
帝政ロシアの最後の時代に活躍した作曲家、ワシリエンコの珍しい室内楽作品集です。彼は1888年に初めて音楽教育を受け、最初はグレチャニノフの個人指導を受けましたが、その後、タネーエフの薫陶を受け、またスクリャビンにも影響され、象徴主義や印象主義の特徴を持った音楽を書いていました。しかし、その後は様々な国の民族音楽に心惹かれ、ロシアだけでなく、極東の音楽までをも取り込み、不思議な異国趣味を感じさせる音楽を書いたことでも知られています。ここに収録された作品は、そんな彼の特徴が理解できるものばかりで、社会主義的リアリズムから背をそむけた感のある、一瞬「フォーレ?」とも思える流麗な中期の名作ヴィオラ・ソナタ(しかし和声はもっと複雑)、東洋趣味が発揮された「東洋風の踊り」など、聴きごたえのある作品が並びます。歴史に埋もれた秘曲を聴く喜びがここにあります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。