ホーム > アルバム > TOCC0137 スコリク:ヴァイオリンとピアノのための作品集 - ヴァイオリン・ソナタ第1番, 第2番/カプリース/カルパチア狂詩曲(ソロカ/グリーン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0137
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ミロスラフ・スコリク Myroslav Skoryk
アーティスト
アーサー・グリーン Arthur Greene , ソロミア・ソロカ Solomia Soroka

スコリク:ヴァイオリンとピアノのための作品集 - ヴァイオリン・ソナタ第1番, 第2番/カプリース/カルパチア狂詩曲(ソロカ/グリーン)

SKORYK, M.: Violin and Piano Music - Violin Sonatas Nos. 1 and 2 / Caprice / Carpathian Rhapsody / Poem (Soroka, Greene)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0137

全トラック選択/解除

ミロスラフ・スコリク - Myroslav Skoryk (1938-)

**:**
メロディ・フロム・ザ・ハイ・パス
1.

Melody from the High Pass

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2072889
 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第1番

Violin Sonata No. 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2072890
**:**
»  I. Andante - Allegro molto - Andante - Largo e grave
2.

-

**:**
»  II. Largo
3.

-

**:**
»  III. Allegro molto
4.

-

 
**:**
グツールの三連祭壇画(ヴァイオリンとピアノ編)

Hutsuls'ky tryptykh (Hutsul Triptych) (version for violin and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2072891
**:**
»  I. Allegretto
5.

-

**:**
»  II. Dance
6.

-

 
**:**
カプリース
7.

Caprice

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2072892
 
**:**
カルパチア狂詩曲
8.

Carpathian Rhapsody

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2072893
 
**:**
詩曲
9.

Poem

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2072894
 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第2番

Violin Sonata No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2072895
**:**
»  I. The Word: Moderato con moto
10.

-

**:**
»  II. Aria: Andante con moto
11.

-

**:**
»  III. Burlesque: Vivo
12.

-

 
**:**
ストーン・ルーラー - スペイン舞曲(ヴァイオリンとピアノ編)
13.

Stone Ruler: Spanish Dance (version for violin and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2072896
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/04/01
ウクライナの作曲家ミロスラフ・スコリクは、リヴィウに生まれるも、第二次世界大戦後に家族がシベリアに追放されたため、その地で育ちます。彼はシベリアで、多くの「政治犯」とされる人から音楽を学び、教師として教えるまでになります。その後、ウクライナに戻り、一時期はモスクワへ行き、カバレフスキーにも音楽を学んでいます。彼の作品は、まさしく新古典派の潮流を受け継ぐものであり、大きなパワーを持っています。
1964年、アルメニアの映画監督パラジャーノフが作家コチュビンキーの「忘れられた祖先の影」(日本では「火の馬」と題される)を映画化する際に、音楽をスコリクに依頼。革新的な手法で描かれた映像は高い評価を受けたのですが、ソ連では批判を受けてしまい、再編集を拒んだパラジャーノフはソ連から排斥されてしまったのです。スコリクは完成した曲から2作をヴァイオリンとピアノのために編曲、これがトラック5と6です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。