ホーム > アルバム > TOCC0176 ファルカシュ:管弦楽作品集 1 (ペレーニ/ブダペスト響/チャバ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0176
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フェレンツ・ファルカシュ Ferenc Farkas
アーティスト
ペーテル・チャバ Péter Csaba , MAVブダペスト交響楽団 Budapest Symphony Orchestra MÁV , ミクローシュ・ペレーニ Miklós Perényi

ファルカシュ:管弦楽作品集 1 (ペレーニ/ブダペスト響/チャバ)

FARKAS, F.: Orchestral Music, Vol. 1 (Budapest Symphony, Csaba)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0176

全トラック選択/解除

フェレンツ・ファルカシュ - Ferenc Farkas (1905-2000)

**:**
Divertimento for Orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3464072
**:**
»  I. Allegro leggiero
1.

-

**:**
»  II. Allegro giocoso
2.

-

**:**
»  III. Tempo di minuetto
3.

-

**:**
»  IV. Intermezzo
4.

-

**:**
»  V. Allegro
5.

-

 
**:**
Concertino all'antica for Cello and String Orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3464073
**:**
»  I. Pastorale
6.

-

**:**
»  II. Aria con variazioni
7.

-

**:**
»  III. Gigue
8.

-

 
**:**
Lavotta Suite for Chamber Orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3464074
**:**
»  I. Ungarisch
9.

-

**:**
»  II. Menuet
10.

-

**:**
»  III. Marsch nach Pannonien
11.

-

**:**
»  IV. Ungarisch
12.

-

**:**
»  V. Um Wirtshaus
13.

-

 
**:**
マスク(室内オーケストラ版)

Maschere (version for chamber orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3464075
**:**
»  No. 1. Il Capitano
14.

-

**:**
»  No. 2. Pantalone
15.

-

**:**
»  No. 3. Colombina
16.

-

**:**
»  No. 4. Povero Pulcinella
17.

-

**:**
»  No. 5. Arlecchino
18.

-

 
**:**
チェロと弦楽オーケストラのためのトリティコ・コンチェルタート

Trittico concertato for Cello and String Orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3464076
**:**
»  I. Allegro moderato
19.

-

**:**
»  II. Passacaglia con dedica
20.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
21.

-

 
**:**
March Suite for Chamber Orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3464077
**:**
»  I. Allegro moderato
22.

-

**:**
»  II. Elegia, quasi lento
23.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
24.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/12/01
ハンガリーに生まれ、プダペスト音楽アカデミーで学んだ後、ローマの聖チェチーリア音楽院でレスピーギに学び作曲の研鑚を積んだファルカシュ(1905-2000)。彼は映画音楽の作曲家としても名高く、またフランツ・リスト音楽院ではクルタークやリゲティらを指導、その名声は今でも色褪せることがありません。しかしその作品は長らく忘れられており、近年ようやく少しずつ見直され始め聴ける作品も増えてきたところです。TOCCATAレーベルでは2006年リリースの管楽五重奏曲集(TOCC0019)での諧謔的で色彩的な音楽が高く評価されましたが、今回は彼の真骨頂とも言える管弦楽作品の登場です。どれもが親しみやすい風情を持ち、また古典的な形式を踏襲したもので、なんとも楽しく心弾む音楽となっています。またチェロを用いた作品では、あの名手ミクロシュ・ペレーニを起用。こちらも大注目です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。