ホーム > アルバム > TOCC0189 エルンスト:ヴァイオリン作品全集 4 (ホブソン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0189
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
ハインリヒ・ウィルヘルム・エルンスト Heinrich Wilhelm Ernst
アーティスト
シンフォニア・ダ・カメラ Sinfonia da Camera , チオンピ四重奏団 Ciompi Quartet, The , イアン・ホブソン Ian Hobson , シェルバン・ルプー Sherban Lupu

エルンスト:ヴァイオリン作品全集 4 (ホブソン)

ERNST, H.W.: Violin Music (Complete), Vol. 4 (Hobson)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0189

全トラック選択/解除

ハインリヒ・ウィルヘルム・エルンスト - Heinrich Wilhelm Ernst (1814-1865)

**:**
悲愴協奏曲 嬰ヘ短調 Op. 23

Concerto Pathétique in F-Sharp Minor, Op. 23

録音: 9 April 2013, Foellinger Great Hall of the Krannert Center for the Performing Arts, University of Illinois, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3201337
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Solo
2.

-

**:**
»  III. A tempo - Dolce
3.

-

**:**
»  IV. Molto cantabile
4.

-

**:**
»  V. Lento
5.

-

**:**
»  VI. Tempo I
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op. 12

Violin Concertino in D Major, Op. 12

録音: 12 April 2013, Foellinger Great Hall of the Krannert Center for the Performing Arts, University of Illinois, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3201413
**:**
»  I. Allegro moderato
7.

-

**:**
»  II. Adagio
8.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro moderato
9.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲 変ロ長調 Op. 26

String Quartet in B-Flat Major, Op. 26

録音: 20-21 March 2013, Foellinger Great Hall of the Krannert Center for the Performing Arts, University of Illinois, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3201414
**:**
»  I. Allegro non troppo e con grazia
10.

-

**:**
»  II. Andante con moto e con molto tenerezza
11.

-

**:**
»  III. Allegretto animato e scherzoso
12.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro energico
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/08/01
モラヴィアで生まれ、ウィーンでヴァイオリンを学び、作曲をザイフリートに師事したエルンスト(1812-1865)。もともと神童ともてはやされていましたが、14歳の時にパガニーニの実演を聴いて超絶技巧に目覚め、自作にも困難と思えるほどの技巧を盛り込み、華麗な作品を数多く残しました。TOCCATAレーベルからはエルンストの全作品を7集にわけてリリースし、これはその第4集にあたります。ベルリオーズやショパン、リスト、メンデルスゾーンとも友人であったエルンストらしい、美しいメロディと華麗な技巧を駆使した美しい2曲のヴァイオリン協奏曲と、弦楽四重奏曲はこの知られざる作曲家の本質を描き出すのにふさわしいものです。1952年生まれのベテラン、シェルバン・ルプーの誠実な演奏で。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。