ホーム > アルバム > TOCC0191 アルドゥアン:4声の無伴奏ミサ曲集 1 (セント・マーティン室内合唱団/クリューガー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0191
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
アンリ・アルドゥアン Henri Hardouin
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ティモシー・J・クリューガー Timothy J. Krueger , セント・マーティン室内合唱団 St. Martin's Chamber Choir

アルドゥアン:4声の無伴奏ミサ曲集 1 (セント・マーティン室内合唱団/クリューガー)

HARDOUIN, H.: Four-Part A Cappella Masses, Vol. 1 (St. Martin's Chamber Choir, Krueger)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0191

全トラック選択/解除

アンリ・アルドゥアン - Henri Hardouin (1727-1808)

**:**
ミサ曲第1番 「Incipite Domino in tympanis」

Mass No. 1, "Incipite Domino in tympanis"

録音: 26-27 May 2012, St. Elizabeth of Hungary Roman Catholic Church, Denver, Colorado, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3368813
**:**
»  Kyrie
1.

-

**:**
»  Gloria
2.

-

**:**
»  Credo
3.

-

**:**
»  Sanctus
4.

-

**:**
»  O salutaris hostia
5.

-

**:**
»  Benedictus
6.

-

**:**
»  Agnus Dei
7.

-

**:**
»  Domine salvum fac regem
8.

-

 
**:**
ミサ曲第3番 「Jucundum sit eloquium meum」

Mass No. 3, "Jucundum sit eloquium meum"

録音: 21 April 2012, St. Elizabeth of Hungary Roman Catholic Church, Denver, Colorado, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3368814
**:**
»  Kyrie
9.

-

**:**
»  Gloria
10.

-

**:**
»  Credo
11.

-

**:**
»  Sanctus
12.

-

**:**
»  O salutaris hostia
13.

-

**:**
»  Benedictus
14.

-

**:**
»  Agnus Dei
15.

-

**:**
»  Domine salvum fac regem
16.

-

 
**:**
ミサ曲第4番 「Exaltate et invocate nomen ejus」

Mass No. 4, "Exaltate et invocate nomen ejus"

録音: 26-27 May 2012, St. Elizabeth of Hungary Roman Catholic Church, Denver, Colorado, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3368815
**:**
»  Kyrie
17.

-

**:**
»  Gloria
18.

-

**:**
»  Credo
19.

-

**:**
»  Sanctus
20.

-

**:**
»  O salutaris hostia
21.

-

**:**
»  Benedictus
22.

-

**:**
»  Agnus Dei
23.

-

**:**
»  Domine salvum fac regem
24.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/11/01
フランス後期バロックの作曲家アルドゥアン(1727-1808)。彼は質素な家庭に生まれ8歳の時にランスの大聖堂聖歌隊員となります。そこで音楽教育を受けました。その後は神学校に入り、1751年には正式な聖職禄を受け、合唱団の音楽監督も引き受けます。市街地で毎週行われるコンサートのために世俗曲も多く書きましたが、これが反感を買ってしまったため、1773年頃には世俗音楽の作曲はやめてしまったようです。1789年のフランス革命による教会の施設が解散の憂き目に合い、彼の立場も微妙になってしまったため、1801年に引退。そしてその存在は忘れられてしまいました。ここではそんな彼の作品を復刻しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。