ホーム > アルバム > TOCC0204 A. チャイコフスキー:ピアノ作品集 1 (フィケルト/グシボフスキ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0204
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
アンジェイ・チャイコフスキ André Tchaikowsky
アーティスト
ウィーン交響楽団 Vienna Symphony Orchestra , ニコ・デ・ヴィリエルズ Nico de Villiers , マチェイ・グシボフスキ Maciej Grzybowski , ポール・ダニエル Paul Daniel , ヤコプ・フィケルト Jakob Fichert

A. チャイコフスキー:ピアノ作品集 1 (フィケルト/グシボフスキ)

TCHAIKOWSKY, A.: Piano Music, Vol. 1 (Fichert, Grzybowski)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0204

全トラック選択/解除

アンジェイ・チャイコフスキ - André Tchaikowsky (1935-1982)

**:**
ピアノ協奏曲 Op. 4

Piano Concerto, Op. 4

録音: 22 July 2013, Festspielhaus, Bregenz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3362388
**:**
»  I. Introduction: Grave
1.

-

**:**
»  II. Passacaglia: Lento liberamente
2.

-

**:**
»  III. Capriccio: Vivace con malizia
3.

-

 
**:**
インヴェンション Op. 2

Inventions, Op. 2

録音: 05–06 October 2013, The Venue, Leeds College of Music, West Yorkshire, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3362389
**:**
»  No. 1. Allegretto tranquillo
4.

-

**:**
»  No. 2. Adagio serio
5.

-

**:**
»  No. 3. Leggiero e vivace
6.

-

**:**
»  No. 4. Velocissimo
7.

-

**:**
»  No. 5a. Semplice
8.

-

**:**
»  No. 5b. Placido
9.

-

**:**
»  No. 6. Con umore
10.

-

**:**
»  No. 7. Allegretto scherzando
11.

-

**:**
»  No. 8. Vivacissimo
12.

-

**:**
»  No. 9. Brusco
13.

-

**:**
»  No. 10. Lento transparente
14.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ

Piano Sonata

録音: 05–06 October 2013, The Venue, Leeds College of Music, West Yorkshire, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3362390
**:**
»  I. Non troppo presto
15.

-

**:**
»  II. Largo
16.

-

**:**
»  II. Piano e veloce
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/12/01
もともとユダヤ系の家にロベルト・アンジェイ・クラウトハメル(1935-1982)として生まれるも、第二次世界大戦中に身分を隠すために潜伏、この時に使った偽名「チャイコフスキ」をそのまま芸名とし、音楽界に飛び込んだピアニスト、作曲家をご存知でしょうか?このアルバムはそんな「アンドレ・チャイコフスキ」の作品を収録したものです。もちろんあのピョートル・チャイコフスキーとは縁も所縁もありませんが、共通するのは溢れる音楽的才能であり、ここで聴ける作品にも鬼気迫るほどの素晴らしい熱気が満ち溢れています。彼は1955年にショパン国際ピアノ・コンクールで8位入賞し、ブリュッセルに留学、ステファン・アスケナーゼに師事します。やがてエリザベート王妃国際音楽コンクールで3位入賞、翌1957年にはパリでラヴェルのピアノ曲全曲演奏会も行う程でした。しかしながら47歳の若さで病を得て早世、その名声はほとんど忘れ去られてしまっています。そんな彼の作品はなかなか刺激的あり、新古典派の少し先を行く前衛的なもの。もちろんヴィルトゥオーゾ的な面も持つ見事な音楽です。これは一聴の価値ありです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。