ホーム > アルバム > TOCC0232 イェンゼン:ピアノ作品集 1 (エリクセン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0232
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
アドルフ・イェンゼン Adolf Jensen , マックス・レーガー Max Reger
アーティスト
エールリング・ラグナル・エリクセン Erling Ragnar Eriksen

イェンゼン:ピアノ作品集 1 (エリクセン)

JENSEN, A.: Piano Music, Vol. 1 (Eriksen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0232

全トラック選択/解除

アドルフ・イェンゼン - Adolf Jensen (1837-1879)

**:**
愛の歌 Op. 44

Eroticon, Op. 44

録音: 16-17 December 2013 and 16 February 2014, Lille Konsertsal, Bjergsted, Stavanger, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4148109
**:**
»  No. 1. Kassandra
1.

-

**:**
»  No. 2. Die Zauberin
2.

-

**:**
»  No. 3. Galatea
3.

-

**:**
»  No. 4. Elektra
4.

-

**:**
»  No. 5. Adonisklage
5.

-

**:**
»  No. 6. Eros
6.

-

**:**
»  No. 7. Kypris
7.

-

 
**:**
ドイツ組曲 ロ短調 Op. 36

Deutsche Suite in B Minor, Op. 36

録音: 16-17 December 2013 and 16 February 2014, Lille Konsertsal, Bjergsted, Stavanger, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4148110
**:**
»  I. Allemande
8.

-

**:**
»  II. Courante
9.

-

**:**
»  III. Sarabande
10.

-

**:**
»  IV. Gavotte I
11.

-

**:**
»  V. Gavotte II
12.

-

**:**
»  VI. Gigue
13.

-

マックス・レーガー - Max Reger (1873-1916)

**:**
3つの歌

3 Lieder in Jensen-Album

録音: 16-17 December 2013 and 16 February 2014, Lille Konsertsal, Bjergsted, Stavanger, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4148111
**:**
»  No. 1. Lehn' deine Wang an meine Wang'
14.

-

**:**
»  No. 2. Murmelndes Luftchen
15.

-

**:**
»  No. 3. Am Ufer des Flusses, des Manzanares
16.

-

アドルフ・イェンゼン - Adolf Jensen (1837-1879)

**:**
出発 Op. 16

Der Scheidenden, Op. 16

録音: 16-17 December 2013 and 16 February 2014, Lille Konsertsal, Bjergsted, Stavanger, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4148112
**:**
»  Romanze No. 1
17.

-

**:**
»  Romanze No. 2
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/03/01
ドイツ、ケーニヒスベルクに生まれ、独学で音楽の才能を見出したといわれる作曲家イェンゼン(1837-1879)。15歳になってようやくベルリンで正式に音楽を学び始め、直後にフランツ・リストに注目され、指導を受けたという人です。ピアニストとして活動を始めてからは、音楽教師としてロシアに行ったり、ポーゼンの市立劇場の楽長を務めたりしますが、その後、またコペンハーゲンでニルス・ゲーゼの教えを受けています。当時はシューマンの後継者と目されるも、あまりにも繊細な作風のため、結局は「サロン音楽」のようなものと見做され、現在ではほとんど注目されることがありません。しかし、この美しい作品が忘れられているのは本当にもったいないこと。TOCCATAレーベルは、そんな彼の作品をもう一度眠りから目覚めさせたいと願っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。