ホーム > アルバム > TOCC0246 ウィリアムソン:オルガン作品集(ウィンペニー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0246
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
マルコム・ウィリアムソン Malcolm Williamson
アーティスト
トム・ウィンペニー Tom Winpenny

ウィリアムソン:オルガン作品集(ウィンペニー)

WILLIAMSON, M.: Organ Music (Winpenny)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0246

全トラック選択/解除

マルコム・ウィリアムソン - Malcolm Williamson (1931-2003)

**:**
クリスト=フェニックスの幻影
1.

Vision of Christ-Phoenix

録音: 8 and 10 April 2013, Church of St. Mary Redcliffe, Bristol, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3546117
 
**:**
フォンス・アモーリス
2.

Fons amoris

録音: 8 and 10 April 2013, Church of St. Mary Redcliffe, Bristol, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3546195
 
**:**
サフォークのライオン
3.

The Lion of Suffolk

録音: 8 and 10 April 2013, Church of St. Mary Redcliffe, Bristol, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3546196
 
**:**
神の人々のミサ - オッフェルトリウム(オルガン版)
4.

Mass of the People of God: Offertoire (version for organ)

録音: 8 and 10 April 2013, Church of St. Mary Redcliffe, Bristol, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3546197
 
**:**
「おおパラダイス」による幻想曲
5.

Fantasy on, "O Paradise"

録音: 8 and 10 April 2013, Church of St. Mary Redcliffe, Bristol, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3546198
 
**:**
オルガンのための交響曲

Symphony for Organ

録音: 8 and 10 April 2013, Church of St. Mary Redcliffe, Bristol, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3546199
**:**
»  I. Prelude
6.

-

**:**
»  II. Sonata
7.

-

**:**
»  III. Aria I
8.

-

**:**
»  IV. Toccata
9.

-

**:**
»  V. Aria II - Passacaglia
10.

-

**:**
»  VI. Paean
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2015/10/06
マルコム・ウィリアムソンはシドニーで生まれ、11歳でシドニー音楽院に入学。最初はピアノとフレンチホルンを学びました。作曲は指揮者としても知られるユージン・グーセンスに学び、1944年に卒業、1950年にロンドンに移住します。ここで新ウィーン楽派の音楽や、メシアン、ブーレーズの音楽に接し、強く影響を受けました。作曲家として活動するために、改めて研鑚を積むのですが、そのためにはナイトクラブのピアニストや、教会でのオルガニストなど様々な仕事で生活を支えなくてはいけなかったウィリアムソン。それが却って自らの音楽語法の多様化を促進し、数多くの作品を生み出す原動力ともなったのです。彼は1975年、非英国出身者として初めて19人目の「英国王室楽長」に任命されたことでも知られ、その叙情的でありながらも前衛を踏まえた音楽は、数多くの人に愛されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。