ホーム > アルバム > TOCC0285 ディアス:オルガン作品全集 - オルガン・ソナタ第1番, 第2番(レヘトラ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0285
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ウィリアム・ハンフリーズ・ディアス William Humphreys Dayas , アーサー・バード Arthur Bird
編曲者
ウィリアム・ハンフリーズ・ディアス William Humphreys Dayas
アーティスト
ヤン・レヘトラ Jan Lehtola

ディアス:オルガン作品全集 - オルガン・ソナタ第1番, 第2番(レヘトラ)

DAYAS, W.H.: Organ Music (Complete) - Organ Sonatas Nos. 1 and 2 (Lehtola)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0285

全トラック選択/解除

ウィリアム・ハンフリーズ・ディアス - William Humphreys Dayas (1863-1903)

**:**
オルガン・ソナタ第1番 ヘ長調 Op. 5

Organ Sonata No. 1 in F Major, Op. 5

録音: St. John's Church, Helsinki, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4579458
**:**
»  I. Praludium
1.

-

**:**
»  II. Andante —
2.

-

**:**
»  III. Introduczione (quasi Fantasie): Poco più Andante -
3.

-

**:**
»  IV. Fuge: Allegro moderato
4.

-

アーサー・バード - Arthur Bird (1856-1923)

**:**
主題と変奏 ハ短調 Op. 27 (W.H. ディアスによるオルガン編)

Theme varie in C Minor, Op. 27 (arr. W.H. Dayas for organ)

録音: St. John's Church, Helsinki, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4601215
**:**
»  Thema: Andante ma non troppo
5.

-

**:**
»  Variation 1: Poco allegro
6.

-

**:**
»  Variation 2: Poco più allegro
7.

-

**:**
»  Variation 3: Allegro
8.

-

**:**
»  Variation 4: Più moderato
9.

-

**:**
»  Variation 5: Allegro moderato
10.

-

**:**
»  Variation 6: Andante ma non troppo
11.

-

**:**
»  Variation 7: Moderato maestoso
12.

-

**:**
»  Fuge: Moderato
13.

-

ウィリアム・ハンフリーズ・ディアス - William Humphreys Dayas (1863-1903)

**:**
オルガン・ソナタ第2番 ハ短調 Op. 7

Organ Sonata No. 2 in C Minor, Op. 7

録音: St. John's Church, Helsinki, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4601216
**:**
»  I. Maestoso - Allegro -
14.

-

**:**
»  II. Adagio - Allegretto - Adagio -
15.

-

**:**
»  III Maestoso - Allegro energico -
16.

-

**:**
»  IV. Fuge (Moderato) - Più allegro - Allegro - Molto allegro
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/03/01
20世紀のはじめ、マンチェスターの王立音楽大学でピアノの教師を務めていたアメリカ人、ウィリアム・ハンプリーズ・ディアス(1863-1903)のオルガン作品集。リストに師事し、またブゾーニとは友人だった彼は、マンチェスターに来る前にもヘルシンキ、ヴィーズバーデン、ケルンで教育者として活躍していましたが、書いていた作品はほんのわずかで、作曲家としてはそのまま忘れられてしまいました。ここでは彼のオルガン作品を全て収録するとともに、同じく忘れられてしまった作曲家、アーサー・バードのピアノのための作品「主題と変奏」をディアスがオルガンのために編曲したものも併せて録音することで、ディアスの作品の復興を試みています。演奏しているレヘトラはフィンランドの傑出したオルガニスト。国内外のオーケストラと共演し、また多くの現代作曲家から新作の演奏を委嘱される素晴らしい才能の持ち主です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。