ホーム > アルバム > TOCC0290 ユオン:ピアノ作品集 1 - 5つのピアノ小品/ 秘められた和声/叙情的な時(リッター)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0290
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
パウル・ユオン Paul Juon
アーティスト
ロドルフォ・リッター Rodolfo Ritter

ユオン:ピアノ作品集 1 - 5つのピアノ小品/ 秘められた和声/叙情的な時(リッター)

JUON, P.: Piano Music, Vol. 1 - 5 Klavierstücke / Intime Harmonieen / Moments Lyriques (R. Ritter)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0290

全トラック選択/解除

パウル・ユオン - Paul Juon (1872-1940)

**:**
5つのピアノ小品 Op. 65

5 Klavierstücke, Op. 65

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5743027
**:**
»  No. 1. Heitere Weise
1.

-

**:**
»  No. 2. Schlummerlied
2.

-

**:**
»  No. 3. Exotisches Intermezzo
3.

-

**:**
»  No. 4. Tanz
4.

-

 
**:**
秘められた和声 Op. 30

Intime Harmonieen, Op. 30

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5743056
**:**
»  No. 1. Wogen
5.

-

**:**
»  No. 2. Episode
6.

-

**:**
»  No. 3. Elfchen
7.

-

**:**
»  No. 4. Romantisches Wiegenlied
8.

-

**:**
»  No. 5. Sonderbare Humoreske
9.

-

**:**
»  No. 6. Intermezzo
10.

-

**:**
»  No. 7. Es geht die Sage
11.

-

**:**
»  No. 8. Kleine Tarantelle
12.

-

**:**
»  No. 9. Sphinx
13.

-

**:**
»  No. 10. Narretei
14.

-

**:**
»  No. 11. Ruhige Liebe
15.

-

**:**
»  No. 12. Zu Grabe tragen
16.

-

 
**:**
叙情的な時 Op. 56

Moments Lyriques, Op. 56

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5743057
**:**
»  No. 1. Menuet
17.

-

**:**
»  No. 2. Élégie
18.

-

**:**
»  No. 3. Intermezzo
19.

-

**:**
»  No. 4. Intimité
20.

-

**:**
»  No. 5. Bagatelle
21.

-

**:**
»  No. 6. Nostalgie (Valse lente)
22.

-

**:**
»  No. 7. Étude
23.

-

**:**
»  No. 8. Berceuse
24.

-

**:**
»  No. 9. Cortège
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/07/01
スイス人の祖父がロシアに移住したため、ロシアで生まれたパウル・ユオン。芸術的な家庭環境に恵まれたユオンは、幼いころから音楽の才能を発揮し(彼の弟コンスタンチンは画家として大成します)モスクワ音楽院でタネーエフとアレンスキーに師事、そののち、ベルリン高等音楽学校に留学し、ヴォルデマール・バルギールから更なる教えを受けました。一旦、ロシアに戻りバクー音楽院の教授となり、評論家としても活躍しましたが、1898年に再びベルリンで高等音楽院の講師となり、1906年には教授へと昇格、数多くの弟子を育てます。/ナチスの侵攻に伴い、祖父の母国であるスイスへ移住、この地で一生を終えました。交響曲や歌劇、室内楽などが知られていますが、ピアノ曲に関しては、まだまだ研究の余地が多く、ここで聴ける作品もロシア的な味わいの中に、ドビュッシー風の印象派の響きも感じられる独自の雰囲気を持っています。/

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。