ホーム > アルバム > TOCC0387 トゥイッグ:室内楽作品集(トゥイッグ/ワイルディング/竹ノ内博明/ブリッジ弦楽四重奏団/モンペリエ弦楽三重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0387
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
コリン・トゥイッグ Colin Twigg
アーティスト
マイケル・スコフィールド Michael Schofield , 竹ノ内博明 Hiroaki Takenouchi , コリン・トゥイッグ Colin Twigg , ブリッジ弦楽四重奏団 Bridge String Quartet , モンペリエ弦楽三重奏団 Montpellier String Trio , ルーシー・ワイルディング Lucy Wilding

トゥイッグ:室内楽作品集(トゥイッグ/ワイルディング/竹ノ内博明/ブリッジ弦楽四重奏団/モンペリエ弦楽三重奏団)

TWIGG, C.: Chamber Music (Twigg, Wilding, Hiroaki Takenouchi, Bridge String Quartet, Montpellier String Trio)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0387

全トラック選択/解除

**:**
ハイドンの主題による幻想的変奏曲

Phantasy Variations on a Theme of Haydn

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5624006
**:**
»  I. Con moto
1.

-

**:**
»  II. Tempo I
2.

-

**:**
»  III. Poco meno vivo
3.

-

**:**
»  IV. Tempo I
4.

-

**:**
»  V. Non troppo vivo
5.

-

 
**:**
弦楽三重奏曲

String Trio

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5624007
**:**
»  I. Tempo moderato
6.

-

**:**
»  II. Scherzando
7.

-

**:**
»  III. Adagietto
8.

-

**:**
»  IV. Allegro vivace
9.

-

 
**:**
ピアノ三重奏曲

Piano Trio

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5624008
**:**
»  I. Andante con moto
10.

-

**:**
»  II. Scherzo: Vivace
11.

-

**:**
»  III. Adagio non troppo
12.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第1番 「フクヴァルディへのオマージュ」

String Quartet No. 1, "Hommage à Hukvaldy"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5624009
**:**
»  I. Molto moderato
13.

-

**:**
»  II. Scherzo
14.

-

**:**
»  III. Adagio, ma non troppo
15.

-

**:**
»  IV. Allegro vivace
16.

-

 
**:**
ピアノ四重奏曲

Piano Quartet

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5624010
**:**
»  I. Allegro moderato
17.

-

**:**
»  II. Andante sostenuto
18.

-

**:**
»  III. Allegro giocoso
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/04/01
英国のヴァイオリニスト、作曲家コリン・トゥイッグの作品集。彼は1978年に開催された「BBC Young Musician of the Year competition」のファイナリストとして注目を集め、以降はオーケストラと室内楽奏者として活躍しています。幼い頃、父がピアノで演奏するバッハとシューベルトの「未完成交響曲」を聴いて感銘を受けたというトゥイッグ。自身の作品も過去の作曲家へのオマージュが多く、どれも親しみやすい雰囲気を持っています。ピアノ三重奏曲と四重奏曲では日本気鋭のピアニスト、竹ノ内博明が参加しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。