ホーム > アルバム > TOCC0391 カバニリェス:鍵盤作品集 1 (ロバーツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0391
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
フアン・カバニリェス Juan Bautista José Cabanilles
アーティスト
ティモシー・ロバーツ Timothy Roberts

カバニリェス:鍵盤作品集 1 (ロバーツ)

CABANILLES, J.: Keyboard Music, Vol. 1 (T. Roberts)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0391

全トラック選択/解除

フアン・カバニリェス - Juan Bautista José Cabanilles (1644-1712)

**:**
第1旋法によるトッカータ
1.

Tocata I de primero tono

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5182752
 
**:**
第1旋法によるパッサカリア
2.

Pasacalles II del 1 tono

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5183012
 
**:**
第4旋法によるトッカータ第4番
3.

Tocata IV de quinto tono

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5183013
 
**:**
偽第4旋法によるティエント第12番(T. ロバーツによる復元版)
4.

Tiento XII de falsas cuarto tono (reconstructed by T. Roberts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5183014
 
**:**
第1旋法による左手のためのティエント第31番(T. ロバーツによる復元版)
5.

Tiento XXXI partido de mano derecha de primer tono (reconstructed by T. Roberts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5183015
 
**:**
第5旋法によるティエント・リレーノ
6.

Tiento LXXXII Lleno quinto tono por B quadrado

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5183016
 
**:**
第2旋法による左手のためのティエント第9番(T. ロバーツによる復元版)
7.

Tiento IX Partido de mano derecha de secondo tono (reconstructed by T. Roberts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5183017
 
**:**
第5旋法による右手のためのトッカータ
8.

Tocata II de mano izquierda quinto tono

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5183018
 
**:**
第4旋法によるティエント第63番(T. ロバーツによる復元版)
9.

Tiento LXIII de contras de cuarto tono (reconstructed by T. Roberts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5183019
 
**:**
第1旋法によるティエント第55番
10.

Tiento LV lleno del primer tono

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5183020
 
**:**
第4旋法によるティエント第16番(T. ロバーツによる復元版)
11.

Tiento XIV partido de dos tiples de cuarto tono (reconstructed by T. Roberts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5183021
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/12/01
17世紀始め、フレスコバルディが数多く作曲した“オルガンやチェンバロのための作品”は、当時の宗教曲とは全く違う、即興的要素を多分に盛り込んだ新しい様式の作品として、広く人気を集めました。この流れはイタリアだけでなくスペインや他の国にも影響を与え、17世紀後半に活躍したカバニリェスも「スペイン的な要素」を盛り込んだ幻想的でカラフルなバロック様式の作品を数多く作曲しています。一説によるとカバニリェスは「全ての作曲家の中で、最も多くのオルガン作品を書いた」とされ、1927年に始まった彼のオルガン作品全集の出版は未だ継続中。ただし、カタルーニャ図書館に残存している原稿の一部は状態が悪く、大規模な研究や再構築が必要になるとも言われています。未知の作品を探す喜びをもたらすTOCCATAレーベルならではのシリーズです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。