ホーム > アルバム > TOCC0434 コッコネン:レクイエム/オルガン作品全集(ヴァイリネン/ヴァハソユリンキ/レヘトラ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0434
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 器楽曲
作曲家
ヨーナス・コッコネン Joonas Kokkonen
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
編曲者
ヨウコ・リンヤマ Jouko Linjama
アーティスト
スヴィ・ヴァイリネン Suvi Väyrynen , ヨーセ・ヴァハソユリンキ Joose Vähäsöyrinki , クレメッティ協会室内合唱団 Klemetti Institute Chamber Choir , ヘイッキ・リーモラ Heikki Liimola , ヤン・レヘトラ Jan Lehtola

コッコネン:レクイエム/オルガン作品全集(ヴァイリネン/ヴァハソユリンキ/レヘトラ)

KOKKONEN, J.: Requiem / Complete Works for Organ - Wedding March / Funeral Music / Iuxta crucem / Lux aeterna (Väyrynen, Vähäsöyrinki, Lehtola)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0434

全トラック選択/解除

ヨーナス・コッコネン - Joonas Kokkonen (1921-1996)

**:**
結婚行進曲
1.

Hääsoitto (Wedding March)

録音: 20 September 2013, Saint Paul Church, Helsinki, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5863316
 
**:**
葬送音楽
2.

Surusoitto (Funeral Music)

録音: 20 September 2013, Saint Paul Church, Helsinki, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5889304
 
**:**
レクイエム(J. リンヤマによる2声、合唱とオルガン編)

Requiem (arr. J. Linjama for 2 voices, choir and organ)

録音: 13–15 January 2017, Saint Paul Church, Helsinki, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5889305
**:**
»  Requiem aeternam
3.

-

**:**
»  Kyrie eleison
4.

-

**:**
»  Tractus
5.

-

**:**
»  Domine Iesu Christe
6.

-

**:**
»  Hostias et preces
7.

-

**:**
»  Sanctus et Benedictus
8.

-

**:**
»  Agnus Dei
9.

-

**:**
»  In paradisum
10.

-

**:**
»  Lux aeterna
11.

-

 
**:**
永遠の光(ルクス・エテルナ)
12.

Lux aeterna

録音: 20 September 2013, Saint Paul Church, Helsinki, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5889306
 
**:**
イウクスタ・クルーチェム
13.

Iuxta crucem

録音: 20 September 2013, Saint Paul Church, Helsinki, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5889307
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/10/01
シベリウスの後、20世紀のフィンランドで最も重要な作曲家の一人であるコッコネン。このアルバムに収録された「レクイエム」は彼の妻の死を悼んで作曲された作品で、柔らかく穏やかな慰めの音楽です。原曲は大オーケストラのために書かれていますが、このアルバムでは、シベリウス・アカデミーでのコッコネンの後輩であった、ヨウコ・リンヤマの編曲によるオルガン伴奏版が用いられており、コッコネンが描いた響きが丁寧にオルガンへと移し替えられています。静かなオルガンのさざめきに乗って歌われる清澄な旋律は、コッコネンが愛した自由な調性が用いられた神秘的な雰囲気を漂わせています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。