ホーム > アルバム > TOCC0467 タバコフ:交響曲全集 3 (ブルガリア国立放送響/タバコフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0467
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エミール・タバコフ Emil Tabakov
アーティスト
エミール・タバコフ Emil Tabakov , ブルガリア国立放送交響楽団 Bulgarian National Radio Symphony Orchestra

タバコフ:交響曲全集 3 (ブルガリア国立放送響/タバコフ)

TABAKOV, E.: Symphonies (Complete), Vol. 3 (Bulgarian National Radio Symphony, Tabakov)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0467

全トラック選択/解除

エミール・タバコフ - Emil Tabakov (1947-)

**:**
演奏会用小品
1.

Kontsertna piesa (Concert Piece)

録音: 4-5 October 2010, Bulgaria Hall, Sofia, Bulgaria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6726982
 
**:**
交響曲第4番

Symphony No. 4

録音: 7-8, 11-12 January 2010, Bulgarian National Radio, Bulgaria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6726983
**:**
»  I. Largo
2.

-

**:**
»  II. Allegro vivace
3.

-

**:**
»  III. Largo
4.

-

**:**
»  IV. Andante
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
ブルガリアの作曲家、指揮者エミール・タバコフの交響曲全集。常に叙事詩的なスコアで、人間の精神の深淵を描くことを探求しているタバコフ、この第3集に収録された1985年作曲の「オーケストラのための演奏会小品」は暴力的で野心溢れる小品。1997年の「交響曲第4番」でもその作風は変わっていません。ゆったりとしたテンポを持つ第1楽章と第3楽章は、悠然たる氷河を思わせる冷たさが感じられるものの、第2楽章には快活なブルガリアのダンスが置かれており、楽章間のコントラストに工夫が凝らされています。暗く激しい終楽章での感情の爆発も印象的です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。