ホーム > アルバム > TOCC0486 テイラー:室内楽作品集 3 - 管楽器のための音楽(ウォルドグレイヴ・アンサンブル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0486
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
マシュー・テイラー Matthew Taylor
アーティスト
ウォルドグレイヴ・アンサンブル Waldegrave Ensemble

テイラー:室内楽作品集 3 - 管楽器のための音楽(ウォルドグレイヴ・アンサンブル)

TAYLOR, M.: Chamber Music, Vol. 3 - Music for Winds (Waldegrave Ensemble)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0486

全トラック選択/解除

マシュー・テイラー - Matthew Taylor (1964-)

**:**
セレナータ・トリオンファーレ Op. 34

Serenata Trionfale, Op. 34

録音: 21 July 2017, Trinity United Reformed Church, Wimbledon, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6583282
**:**
»  I. Andante moderato
1.

-

**:**
»  II. Vivaccissimo
2.

-

**:**
»  III. Allegretto molto teneramente
3.

-

**:**
»  IV. Adagio liberamente - Presto con spirito
4.

-

 
**:**
木管五重奏曲 Op. 51

Wind Quintet, Op. 51

録音: 20 July 2017, Trinity United Reformed Church, Wimbledon, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6583283
**:**
»  I. Preludio festivo: Presto con spirito
5.

-

**:**
»  II. Hornpipe: Allegro moderato
6.

-

**:**
»  III. Pensive Waltz: Poco adagio
7.

-

**:**
»  IV. Habanera: L'istesso tempo
8.

-

**:**
»  V. Tarantella: Vivacissimo
9.

-

**:**
»  VI. Pastorale: Adagio teneramente
10.

-

**:**
»  VII. Epilogue: Presto con spirito
11.

-

 
**:**
三重奏曲 - イン・メモリアム V.H. Op. 21

Trio - In Memoriam V.H., Op. 21

録音: 5 March 2018, St. Barnabas, Mitcham, Surrey, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6583284
**:**
»  I. Allegretto innocente
12.

-

**:**
»  II. Allegretto
13.

-

**:**
»  III. Moderato
14.

-

 
**:**
スカル
15.

Skal

録音: 20 July 2017, Trinity United Reformed Church, Wimbledon, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6583285
 
**:**
序奏とカプリッチョ Op. 7
16.

Introduction and Capriccio, Op. 7

録音: 21 July 2017, Trinity United Reformed Church, Wimbledon, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6583286
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/06/01
マシュー・テイラーの音楽は「現代的な作曲語法と伝統的な形式を組み合わせた」聴き手に強く訴えかけるものです。ベートーヴェンやハイドンから連なる古典派の伝統を踏まえ、そこにシベリウスやニールセンの風味を隠し味にし、現代的な装いの音を描き出します。この管楽アンサンブルはニールセンとその次の世代の作曲家ホルンボー作品からインスピレーションを得ており、シンフォニックな響きの中に、騒々しさとユーモアを融合させたユニークな作品に仕上がっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。