ホーム > アルバム > TOCC0488 ブリヒト:管弦楽作品集 1 - 交響的組曲/交響曲 イ短調/散らばった葉(フォート・ウェイン・フィルハーモニー管/コンスタンティン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0488
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヴァルター・ブリヒト Walter Bricht
アーティスト
アンドリュー・コンスタンティン Andrew Constantine , フォート・ウェイン・フィルハーモニー管弦楽団 Fort Wayne Philharmonic

ブリヒト:管弦楽作品集 1 - 交響的組曲/交響曲 イ短調/散らばった葉(フォート・ウェイン・フィルハーモニー管/コンスタンティン)

BRICHT, W.: Orchestral Music, Vol. 1 - Symphonic Suite / Symphony in A Minor / Scattered Leaves (Fort Wayne Philharmonic, Constantine)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0488

全トラック選択/解除

ヴァルター・ブリヒト - Walter Bricht (1904-1970)

**:**
交響的組曲 イ短調 Op. 25

Symphonic Suite in A Minor, Op. 25

録音: 18 March 2018, Live recording, Rhinehart Music Center, Indiana University-Purdue University, Fort Wayne, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6726643
**:**
»  I. Unruhig bewegt, schwankend
1.

-

**:**
»  II. Sehr langsam und ausdrucksvoll
2.

-

**:**
»  III. Rasch
3.

-

 
**:**
散らばった葉 Op. 18b

Verwehte Blätter (Scattered Leaves), Op. 18b

録音: 18 March 2018, Live recording, Rhinehart Music Center, Indiana University-Purdue University, Fort Wayne, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6728123
**:**
»  No. 1. Fliessend
4.

-

**:**
»  No. 2. Langsam und zart
5.

-

**:**
»  No. 3. Stürmisch bewegt
6.

-

**:**
»  No. 4. Rasch und leicht
7.

-

**:**
»  No. 5. Sehr langsam
8.

-

**:**
»  No. 6. Fliessend
9.

-

**:**
»  No. 7. Langsam, ausdrucksvoll
10.

-

**:**
»  No. 8. Rasch
11.

-

 
**:**
交響曲 イ短調 Op. 33

Symphony in A Minor, Op. 33

録音: 18 March 2018, Live recording, Rhinehart Music Center, Indiana University-Purdue University, Fort Wayne, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6728124
**:**
»  I. Mässig bewegt
12.

-

**:**
»  II. Langsam
13.

-

**:**
»  III. Intermezzo scherzando: Nicht zu rasch
14.

-

**:**
»  IV. Finale: Ziemlisch langsam - Bewegt
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
ウィーンで生まれた作曲家ブリヒト。父は音楽評論家、母はピアニスト、歌手であり、彼は最初の音楽のてほどきを母から受けました。ウィーンの音楽アカデミーで学び、フランツ・シュミットに作曲を師事、卒業後は音楽教師として活動しながら、作品を発表していましたが、祖父母がユダヤ系だったためにナチスの迫害を受け、アメリカに亡命を余儀なくされます。その後はニューヨークに定住し、教会のオルガン奏者として生計を立てながら、ウェストヴァージニアの音楽学校の教職に就き、合唱団を指導、やがてインディアナ音楽大学の教授に招かれ、ピアノと声楽を教えながら作曲活動を再開、作品が高く賞賛されました。このアルバムは初期の作品を3曲収録、これらは師、フランツ・シュミットとワーグナーの影響が強いロマンティックな曲調で書かれています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。