ホーム > アルバム > TOCC0503 モリアーティ:ミサ・アドスム!女性を祝して/われらは待つ(ソロヴィ/リソホルスカ/トゥルシュヒ/ウクライナ祝祭合唱団&管弦楽団/クチャル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0503
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 声楽曲
作曲家
リチャード・モリアーティ Richard Moriarty
作詞家
エッラ・ウレン Ella Wren , エミリー・ディキンソン Emily Dickinson , 不詳 Anonymous , ウォルト・ホイットマン Walt Whitman , Marie Ravenel de La Coste , Margaret L. Thorp
アーティスト
ウクライナ祝祭合唱団 Ukrainian Festival Choir , ウクライナ祝祭管弦楽団 Ukrainian Festival Orchestra , テオドレ・クチャル Theodore Kuchar , ソフィア・ソロヴィ Sofia Soloviy , ヴラディスラフ・トゥルシュヒ Vladislav Tlushch , アントニーナ・リソホルスカ Antonina Lisohorska

モリアーティ:ミサ・アドスム!女性を祝して/われらは待つ(ソロヴィ/リソホルスカ/トゥルシュヒ/ウクライナ祝祭合唱団&管弦楽団/クチャル)

MORIARTY, R.: Missa Adsum! Celebrating Women / We That Wait (Soloviy, Lisohorska, Tlushch, Ukrainian Festival Choir and Orchestra, Kuchar)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0503

全トラック選択/解除

**:**
われらは待つ

We That Wait

録音: 27-30 April 2018, Organ Hall, Lviv, Ukraine
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6994907
**:**
»  No. 1. He Went as Soldiers
1.

-

**:**
»  No. 2. Beat! Beat! Drums!
2.

-

**:**
»  No. 3. We Have Parted
3.

-

**:**
»  No. 4. They Dropped like Flakes
4.

-

**:**
»  No. 5. After Great Pain
5.

-

**:**
»  No. 6. Somebody's Darling
6.

-

**:**
»  No. 7. Prayer for Peace
7.

-

 
**:**
ミサ・アドスム!女性を祝して

Missa Adsum! Celebrating Women

録音: 27-30 April 2018, Organ Hall, Lviv, Ukraine
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6995386
**:**
»  Kyrie Eleison (Soprano, Chorus)
8.

-

**:**
»  Gloria (Soprano, Baritone, Chorus)
9.

-

**:**
»  Credo (Soprano, Baritone, Chorus)
10.

-

**:**
»  Adsum (Soprano, Baritone, Chorus)
11.

-

**:**
»  Magnificat (Chorus)
12.

-

**:**
»  Sanctus (Soprano, Chorus)
13.

-

**:**
»  Consecration (Soprano, Baritone, Chorus)
14.

-

**:**
»  Agnus Dei (Soprano, Baritone, Chorus)
15.

-

**:**
»  Ite, missa est (Soprano, Baritone, Chorus)
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/10/01
1946年生まれのリチャード・モリアーティのミサ曲。若い頃からオペラやクラシック音楽に親しんだというモリアーティ。音楽の道に進むべく大学で音楽を専攻するも、ピアノのテクニックが不足(本人の弁)したため、研究者に転向。現役中は病理学者、メディカルディレクターとして活躍し、引退後にダニエルプールから本格的に作曲を学んだという人です。この「ミサ・アドスム」は新古典派の様式を用いた壮大な作品。ディキンソンなどアメリカ南北戦争時代に女性たちによって書かれた詩を用いて書かれた「われらは待つ」は同じく誇り高きアメリカの伝統を賛美する作品です。大編成の作品を得意とするクチャルが全曲を的確にまとめています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。