ホーム > アルバム > TOCC0536 シュテール:室内楽作品集 4 (ネルソン/ケリー/ジョンソン/ティーズデール/シュライバー/コッホ/シチリアーノ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0536
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
リヒャルト・シュテール Richard Stohr
アーティスト
ヴェルダ・ケリー Velda Kelly , シュテファン・コッホ Stefan Koch , マリー・シチリアーノ Mary Siciliano , スーザン・シュライバー Susan Schreiber , プリシラ・ジョンソン Priscilla Johnson , ジュディス・ティーズデール Judith Teasdale , コナー・ネルソン Conor Nelson

シュテール:室内楽作品集 4 (ネルソン/ケリー/ジョンソン/ティーズデール/シュライバー/コッホ/シチリアーノ)

STÖHR, R.: Chamber Music, Vol. 4 (C. Nelson, V. Kelly, P. Johnson, J. Teasdale, S. Schreiber, S. Koch, M. Siciliano)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0536

全トラック選択/解除

リヒャルト・シュテール - Richard Stohr (1874-1967)

**:**
フルート、ヴァイオリン、チェロとピアノのための組曲 Op. 76

Suite for Flute, Violin, Cello and Piano, Op. 76

録音: 14-15 February, 25 March 2019, Brookwood Studio, Plymouth, Michigan, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7599941
**:**
»  I. Prelude: Grave, Poco agitato
1.

-

**:**
»  II. Waltz: Tempo di Valse
2.

-

**:**
»  III. Morning Devotion in the Woods: Quasi recitativo – Andante religioso
3.

-

**:**
»  IV. Introduction and Finale: Andante – Allegro (Doppio movimento)
4.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第2番 変ホ長調 Op. 86

String Quartet No. 2 in E flat, Op. 86

録音: 23 October, 11 November 2014, 18 March, 4 May 2015, Brookwood Studio, Plymouth, Michigan, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7599944
**:**
»  I. Allegro moderato
5.

-

**:**
»  II. Scherzo: Presto
6.

-

**:**
»  III. Adagio mesto
7.

-

**:**
»  IV. Allegro giusto
8.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第3番 イ短調 Op. 92 - 第2楽章 セレナード(アンダンテ・ソステヌート、マ・グラツィオーソ)
9.

String Quartet No. 3 in A minor, Op. 92: II. Serenade: Andante sostenuto, ma grazioso

録音: 10 May 2016, Brookwood Studio, Plymouth, Michigan, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7599945
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
リヒャルト・シュテールは、同時期に活躍したコルンゴルトやシェーンベルクと同じく、ナチスの迫害により祖国を追われ、アメリカに亡命した作曲家。ウィーン音楽院ではローベルト・フックスに作曲を学び、アカデミーの劇場でコレペティートルを務めながら、音楽理論、作曲、音楽史の教師となり、室内楽の指導も始め、1915年には引退したフックスの後任として教授に昇格。順風満帆の生活を送っていましたが、1938年には音楽院を追われ、アメリカへと移住します。しかし不自由な生活の中でも彼は作曲を続け、93年という長い生涯を全うし7つの交響曲をはじめ、室内楽、歌曲、合唱曲、ピアノ曲などの膨大な作品を残しました。このアルバムに収録された3曲は、アメリカに移住してからの作品ですが、生活の不安を感じさせることのない、旋律にあふれた想像力豊かな楽想に満たされています。なかでも穏やかな「セレナード」の美しさが印象的です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。