ホーム > アルバム > TOCC0552 フルーリー:バレエ音楽集(ニュルンベルク響/マン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0552
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ
作曲家
リヒャルト・フルーリー Richard Flury
アーティスト
タチアナ・ガペイエヴァ Tetyana Gapeyeva , ニュルンベルク交響楽団 Nuremberg Symphony Orchestra , ポール・マン Paul Mann

フルーリー:バレエ音楽集(ニュルンベルク響/マン)

FLURY, R.: Ballet Music (Nuremberg Symphony, P. Mann)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0552

全トラック選択/解除

**:**
バレエ音楽「魔法の鏡」

The Magic Mirror

録音: 11-14 September 2019, Nuremberg Philharmonic Hall, Nuremberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7600370
**:**
»  Part I: In the Woman's Chamber: Introduction
1.

-

**:**
»  Part I: In the Woman's Chamber: Waltz of the wife
2.

-

**:**
»  Part I: In the Woman's Chamber: The student's serenade
3.

-

**:**
»  Part I: In the Woman's Chamber: The student enters
4.

-

**:**
»  Part I: In the Woman's Chamber: The husband enters
5.

-

**:**
»  Part I: In the Woman's Chamber: Waltz
6.

-

**:**
»  Part I: In the Woman's Chamber: The husband's farewell
7.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: Scene of the magician
8.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: The husband is healed
9.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: The husband is given a magic mirror
10.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: Waltz
11.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: Interlude 1
12.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: The student draws the husband
13.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: Waltz
14.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: The student's presentiment of death
15.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: Bolero
16.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: Interlude 2
17.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: Czardas
18.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: Interlude 3
19.

-

**:**
»  Part II: In the Laboratory of a Mediaeval Alchemist and Magician: Death of the student
20.

-

**:**
»  Part III: Still in the Woman's Chamber: Return of the husband
21.

-

**:**
»  Part III: Still in the Woman's Chamber: Interlude 4
22.

-

**:**
»  Part III: Still in the Woman's Chamber: Reunion with his wife
23.

-

**:**
»  Part III: Still in the Woman's Chamber: The husband accuses his wife
24.

-

**:**
»  Part III: Still in the Woman's Chamber: Interlude 5
25.

-

**:**
»  Part III: Still in the Woman's Chamber: Her girlfriends try to appease him
26.

-

**:**
»  Part III: Still in the Woman's Chamber: Opening the trunk
27.

-

**:**
»  Part III: Still in the Woman's Chamber: Devils push the sinner into the fire
28.

-

 
**:**
小さなバレエ音楽

Little Ballet Music

録音: 11-14 September 2019, Nuremberg Philharmonic Hall, Nuremberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7600371
**:**
»  I. Arabesque
29.

-

**:**
»  II. Melodie
30.

-

**:**
»  III. Alla polacca
31.

-

**:**
»  IV. Valse pastorale
32.

-

**:**
»  V. Tambourin
33.

-

**:**
»  VI. Marche de kermesse
34.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
スイスの作曲家リヒャルト・フルーリー。大学時代にロマン派の作曲家ハンス・フーバーから作曲のレッスンを受け、卒業後にはヨーゼフ・マルクスから作曲、フェリックス・ヴァインガルトナーから指揮を学び、音楽家としての道を歩みました。彼の作風は師のフーバーやマルクスからの影響を受け継いだ後期ロマン派風の雰囲気を帯びていますが、その作品には20世紀初頭の新古典主義や印象派の影響も感じられる、さまざまな手法が取り入れられているのが特徴です。このバレエ「魔法の鏡」は、彼が若い頃から情熱を燃やしていた劇場のための音楽で、男女間の「秘められた恋愛」から生まれるいざこざを魔法の呪文とダンスのステップで包んだ“大人のメルヘン”といえる内容。場面ごとに様々なスタイルを融合させた曲が付けられた楽しい作品です。そのほぼ30年前に作曲された「小さなバレエ音楽」も、無邪気な各曲のタイトルの背後に、きわめて躍動的な音楽が隠されています。ポール・マンが指揮するニュルンベルク交響楽団の演奏が、彼が表現したかったであろう「ざわめく世界」を見事に描き出しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。