ホーム > アルバム > TOCC0562 タバコフ:交響曲全集 5 (ブルガリア国立放送響/プロヴディフ・フィル/タバコフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0562
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エミール・タバコフ Emil Tabakov
アーティスト
エミール・タバコフ Emil Tabakov , ブルガリア国立放送交響楽団 Bulgarian National Radio Symphony Orchestra , プロヴディフ・フィルハーモニー管弦楽団 Plovdiv Philharmonic Orchestra

タバコフ:交響曲全集 5 (ブルガリア国立放送響/プロヴディフ・フィル/タバコフ)

TABAKOV, E.: Symphonies (Complete), Vol. 5 (Bulgarian National Radio Symphony, Plovdiv Philharmonic, Tabakov)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0562

全トラック選択/解除

エミール・タバコフ - Emil Tabakov (1947-)

**:**
交響曲第2番

Symphony No. 2

録音: 5-6 October 1985, Studio No. 1, Bulgarian National Radio, Sofia, Bulgaria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7886271
**:**
»  I. Adagio
1.

-

**:**
»  II. Allegro moderato
2.

-

 
**:**
交響曲第6番

Symphony No. 6

録音: 25-28 January 2002, Plovdiv Philharmonic Hall, Bulgaria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7886272
**:**
»  I. Allegro agitato
3.

-

**:**
»  II. Largo
4.

-

**:**
»  III. Allegro
5.

-

**:**
»  IV. Allegro
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/05/01
指揮者として世界で活躍するブルガリア出身のエミール・タバコフ(1947-)は、日本へも自国やトルコのオーケストラと共に訪れ、オーケストラ・アンサンブル金沢などでは自作のコントラバス協奏曲を演奏するなど日本でも馴染みのある存在です。作曲家としても9つの交響曲をはじめ、様々な作品を世に出しています。作品の多くは大規模で人間の暗い側面に光を当てる厳かな作風が特徴です。ここに収録された「交響曲第2番」は2つの楽章から成り、第2楽章の野性的で足を踏み鳴らすような騒々しさは、第1楽章で悲しみに打ちひしがれ、蓄積されたエネルギーの解放のようです。「交響曲第6番」は4楽章から成り、ショスタコーヴィチ中期の作品のような荒涼とした悲劇的な世界観が広がります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。