ホーム > アルバム > TOCC0595 テオドレスク=ショケニア:バレエ音楽「赤と黒」(ルーマニア国立歌劇場合唱団&管弦楽団/チェルナット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0595
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
バレエ
作曲家
Livia Teodorescu-Ciocanea
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
ロメオ・コルネリウス Romeo Cornelius , ミハエラ・スタンチュ Mihaela Stanciu , ラズヴァン・チェルナット Răsvan Cernat , ルーマニア国立歌劇場合唱団 Romanian National Choir , ルーマニア国立歌劇場管弦楽団 Romanian National Orchestra

テオドレスク=ショケニア:バレエ音楽「赤と黒」(ルーマニア国立歌劇場合唱団&管弦楽団/チェルナット)

TEODORESCU-CIOCANEA, L.: Rouge et le Noir (Le) [Ballet] (Romanian National Choir and Orchestra, Cernat)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0595

全トラック選択/解除

**:**
バレエ音楽「赤と黒」

Le Rouge et le Noir

録音: 11-15 June 2000, Romanian Radio Broadcasting Corporation, Bucharest, Romania
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8371507
**:**
»  Prologue
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Soldier's March
2.

-

**:**
»  Act I Scene 2: The Quarrel
3.

-

**:**
»  Act I Scene 3: The Church
4.

-

**:**
»  Act II Scene 1: The Meeting
5.

-

**:**
»  Act II Scene 1: The Mayor's House (Passacaglia)
6.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Vergy - Love Duet
7.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Besançon, the Seminary at Besançon
8.

-

**:**
»  Act III Scene 1: The Ball
9.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Seduction
10.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Alone
11.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Korasoff
12.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Passion Tango
13.

-

**:**
»  Act III Scene 3: The Scandal
14.

-

**:**
»  Act III Scene 3: The Letter
15.

-

**:**
»  Act III Scene 3: The Bells – Carillon
16.

-

**:**
»  Epilogue: The Prison
17.

-

**:**
»  Epilogue: The Judgement
18.

-

**:**
»  Epilogue: Last Meeting
19.

-

**:**
»  Epilogue: The Execution
20.

-

**:**
»  Epilogue: The Death of Madame de Rênal
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/10/01
ルーマニアの女性作曲家リヴィア・テオドレスク=ショケニア。地元の音楽院でピアノを学び、1998年から1999年にはルーマニア政府から奨学金を得て、イギリスに留学。その後はブカレストに戻り、国立音楽大学の教授としてルーマニアの音楽教育に力を注いています。このバレエ音楽『赤と黒』はスタンダールの同名小説をモティーフにした作品。実在の事件を元に、青年の青春や恋愛と貴族階級の腐敗を絡めた壮大な原作から、テオドレスク=ショケニアは印象的なエピソードを抽出し、ルーマニア民謡を巧みに用いたモダンな音楽を付けることで独自の世界を創出しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。