ホーム > アルバム > TOCC0612 フェイギン:室内オーケストラのための作品集(ウェイス/サヴォーニン/スロヴァキア・ナショナル響/クレムリン室内管/トレヴァー/ラフレフスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
TOCC0612
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ジョエル・フェイギン Joel Feigin
作詞家
ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare
アーティスト
ヤエル・ウェイス Yael Weiss , クレムリン室内管弦楽団 Kremlin Chamber Orchestra , ジョン・サヴォーニン John Savournin , スロヴァキア・ナショナル交響楽団 Slovak National Symphony Orchestra , カーク・トレヴァー Kirk Trevor , ミッシャ・ラフレフスキー Misha Rachlevsky

フェイギン:室内オーケストラのための作品集(ウェイス/サヴォーニン/スロヴァキア・ナショナル響/クレムリン室内管/トレヴァー/ラフレフスキー)

FEIGIN, J.: Music for Chamber Orchestra (Weiss, Savournin, Slovak National Symphony, Kremlin Chamber Orchestra, Trevor, Rachlevsky)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TOCC0612

全トラック選択/解除

ジョエル・フェイギン - Joel Feigin (1951-)

**:**
アヴィヴ

Aviv

録音: 3-4 October 1999, Campbell Hall, University of California at Santa Barbara, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8742504
**:**
»  I. Allegro vivace -
1.

-

**:**
»  II. Adagio -
2.

-

**:**
»  III. Allegro scherzando
3.

-

 
**:**
押し寄せる海

Surging Seas

録音: 4-5 October 2019, Studio 1, Slovak Radio, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8742508
**:**
»  I. Allegro maestoso -
4.

-

**:**
»  II. Largo -
5.

-

**:**
»  III. Allegro
6.

-

 
**:**
歌劇「十二夜」からの2つの歌

2 Songs from Twelfth Night

録音: 3 October 1999, Campbell Hall, University of California at Santa Barbara, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8742509
**:**
»  No. 1. Allegretto grazioso: O Mistress Mine
7.

-

**:**
»  No. 2. Adagio: Come Away, Death
8.

-

 
**:**
2枚のパネルのモザイク

Mosaic in Two Panels

録音: 14 January 1999, Live recording, Campbell Hall, University of California at Santa Barbara, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8742510
**:**
»  I. Adagio - Allegro grazioso e scherzando - Adagio
9.

-

**:**
»  II. Adagio - Allegro vivace
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/06/01
ニューヨーク生まれ、ロシアの血を引く作曲家ジョエル・フェイギン。ジュリアード音楽院で作曲をロジャー・セッションから学んだ他、ピアノをロジーナ・レヴィーンに学び、優れたピアニスト、伴奏者としても活躍しています。1986年にはコーネル大学から委嘱を受けた歌劇《エレウシスの秘儀》を作曲し初演。この作品はロシアでもたびたび上演され高く評価されました。その後、2005年に作曲したシェイクスピアの喜劇に基づく歌劇《十二夜》も評判を呼び、何度も再演を繰り返し歌劇作曲家として名を上げました。このアルバムには彼の小規模なオーケストラ作品を収録。冒頭の「アヴィヴ」は、このアルバムで演奏しているヤエル・ウェイスのために書かれたピアノ協奏曲。モーツァルトへのオマージュであり、モダン、かつ明るい旋律に満ちた作品です。「押し寄せる海」は2004年のインドネシアと2011年の日本で起きた津波から触発された曲。破壊的な海の力と、大自然の脅威になすすべもない人間の畏怖と恐怖が描かれています。他には、彼の代表作《十二夜》からの2つの歌曲と、遊び心のある「2枚のパネルのモザイク」を聴くことができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。