ホーム > アルバム > TP1039145 ボザ/ホフメイル/ラインベルガー/マルティーノ:クラリネットとピアノのための作品集(デュ・トワ/N. シューマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
TP1039145
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
マルティアン・ネグレア Martian Negrea , ルイジ・バッシ Luigi Bassi , アーサー・ベンジャミン Arthur Benjamin , ウジェーヌ・ボザ Eugène Bozza , ヘンドリク・ピエナール・ホフメイル Hendrik Pienaar Hofmeyr , ドナルド・マルティーノ Donald Martino , ヨーゼフ・ガブリエル・ラインベルガー Joseph Gabriel Rheinberger
アーティスト
ニーナ・シューマン Nina Schumann , マリア・デュ・トワ Maria Du Toit

ボザ/ホフメイル/ラインベルガー/マルティーノ:クラリネットとピアノのための作品集(デュ・トワ/N. シューマン)

Clarinet and Piano Recital: Du Toit, Maria / Schumann, Nina - BOZZA, E. / HOFMEYR, H.P. / RHEINBERGER, J.G. / MARTINO, D. (Luminous Shade)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TP1039145

全トラック選択/解除

ウジェーヌ・ボザ - Eugène Bozza (1905-1991)

**:**
ブコリーク
1.

Boucolique

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2109932

ヘンドリク・ピエナール・ホフメイル - Hendrik Pienaar Hofmeyr (1957-)

**:**
カント・ノットゥルノ
2.

Canto notturno

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2110133

ヨーゼフ・ガブリエル・ラインベルガー - Joseph Gabriel Rheinberger (1839-1901)

**:**
クラリネット・ソナタ ホ短調 Op. 105a

Clarinet Sonata in E Minor, Op. 105a

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2110134
**:**
»  I. Allegro non troppo
3.

-

**:**
»  II. Andante molto
4.

-

**:**
»  III. Non troppo allegro
5.

-

ドナルド・マルティーノ - Donald Martino (1931-2005)

**:**
クラリネットのためのセット

A Set for Clarinet

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2110135
**:**
»  I. Allegro
6.

-

**:**
»  II. Adagio
7.

-

**:**
»  III. Allegro
8.

-

アーサー・ベンジャミン - Arthur Benjamin (1893-1960)

**:**
ラヴェルのトンボー、ヴァルス・カプリース
9.

Le tombeau de Ravel, Valse-Caprice

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2110136

マルティアン・ネグレア - Martian Negrea (1893-1973)

**:**
マルティー
10.

Martie

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2110137

ルイジ・バッシ - Luigi Bassi (1833-1871)

**:**
「リゴレット」のモティーフによる幻想曲
11.

Fantasia da Concerto su motivi del Rigoletto

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2110138
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/06/01
南アフリカが生んだ才能溢れるアーティストをフィーチャーすることが目的である「Two Pianist」レーベルの自信作です。マリア・デュ・トワは、現在ケープタウンのケープ・フィルハーモニー管弦楽団の首席クラリネット奏者を務める実力派です。8歳でピアノを始め15歳の時にクラリネットを手にした彼女は、さいしょステレンボッシュ大学で音楽を学び、その後、ニューヨークのマンハッタンへ留学します。2006年にルーマニアで開催された国際クラリネット・コンクールで賞を獲得するなど、注目を浴びながら、多くのオーケストラと共演、着々とその音楽性を開花させていきます。このアルバムには、フランスのボザを始め、イタリア、イギリスの近代作曲家たちの作品を中心に収録。まさに光と影の饗宴とも言える、艶めかしい音楽が心を浮き立たせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。