ホーム > アルバム > TROY076 ヒンデミット:白鳥を焼く男/バルトーク:ヴィオラ協奏曲(ヒリヤー/日本フィル/渡邉暁雄)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
TROY076
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ベーラ・バルトーク Béla Bartók , パウル・ヒンデミット Paul Hindemith
アーティスト
渡邉暁雄 Akeo Watanabe , 日本フィルハーモニー交響楽団 Japan Philharmonic Orchestra , ラファエル・ヒリヤー Raphael Hillyer

ヒンデミット:白鳥を焼く男/バルトーク:ヴィオラ協奏曲(ヒリヤー/日本フィル/渡邉暁雄)

HINDEMITH: Schwanendreher (Der) / BARTOK: Viola Concerto

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/TROY076

全トラック選択/解除

パウル・ヒンデミット - Paul Hindemith (1895-1963)

**:**
白鳥を焼く男

Der Schwanendreher

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/203381
**:**
»  I. Zwischen Berg und tiefem Tal
1.

-

**:**
»  II. Nun laube, Lindlein, laube! - Fugato: Der Gutzgauch auf dem Zaune sass
2.

-

**:**
»  III. Variations: Seid ihr nicht der Schwanendreher
3.

-

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
ヴィオラ協奏曲 BB 128
4.

Viola Concerto, BB 128

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/203382
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2008/09/11
渡邊暁雄と日本フィルの録音がALBANYに残されていました。収録曲はジュリアード四重奏団初期メンバーのヴィオラ奏者ラファエル・ヒリヤ-とのヒンデミットとバルトーク。ヴィオラ奏者にとって貴重なレパートリーであるヒンデミットは、ヴァイオリンとヴィオラが省かれているという特殊な編成。ドイツ民謡を基にし、古典的でありながらも技巧も堪能できる魅力的な作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。