ホーム > アルバム > UP0011-2 ヤナーチェク:グラゴル・ミサ/永遠の福音(チェコ・フィルハーモニー合唱団/チェコ響/スワロフスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
UP0011-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
レオシュ・ヤナーチェク Leoš Janáček
作詞家
ヤロスラフ・ヴルフリツキー Jaroslav Vrchlický , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
レオシュ・スワロフスキー Leoš Svárovský , ハナ・ストルフォヴァ=バンドヴァー Hana Štolfová-Bandová , イジー・スルツェンコ Jiří Sulženko , チェコ交響楽団 Czech Symphony Orchestra , ヴラディミール・ドレジャル Vladimír Doležal , ブルノ・チェコ・フィルハーモニー合唱団 Czech Philharmonic Choir, Brno , マルティン・ヤクビーチェク Martin Jakubicek , Eva Drizgova

ヤナーチェク:グラゴル・ミサ/永遠の福音(チェコ・フィルハーモニー合唱団/チェコ響/スワロフスキー)

JANÁČEK, L.: Glagolitic Mass / The Eternal Gospel (Czech Philharmonic Choir, Czech Symphony, Svárovský)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/UP0011-2

全トラック選択/解除

レオシュ・ヤナーチェク - Leoš Janáček (1854-1928)

**:**
Mša glagolskaja (Glagolitic Mass), JW III/9 (final version)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8063643
**:**
»  Úvod (Introduction)
1.

-

**:**
»  Gospodi pomiluj (Kyrie) (Soprano, Chorus)
2.

-

**:**
»  Slava (Gloria) (Soprano, Tenor, Chorus)
3.

-

**:**
»  Věruju (Credo) (Tenor, Bass, Chorus)
4.

-

**:**
»  Svet (Sanctus) (Soprano, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
5.

-

**:**
»  Agneče Božij (Agnus Dei) (Soloists, Chorus)
6.

-

**:**
»  — [organ solo]
7.

-

**:**
»  Intrada
8.

-

 
**:**
Věčné evangelium (The Eternal Gospel), JW III/8

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8063644
**:**
»  Nuž stane se, co v zjevení je psáno! (And so it will pass, as written in the scriptures!)
9.

-

**:**
»  Kdo vidí anděla, jak letí mračny? (See the angel flying, silently soaring)
10.

-

**:**
»  O slyšte, jejichž srdce mdlé a zvadlé! (O hearken, you whose heart is faint and wilted!)
11.

-

**:**
»  To všecko děl mi anděl v noci tmavé (All this the angel told me at my vigil)
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/07/01
ヤナーチェクの名作「グラゴル・ミサ」とカンタータ「永遠の福音」。1914年に作曲されたカンタータ「永遠の福音」はあまり演奏されることがありませんが、戦争への不安と平和への思いが込められた堂々たる作品で、神秘的なヴァイオリン・ソロに導かれ幕を開け、すぐに盛大なファンファーレが鳴り響き、ヤナーチェク特有の民謡風の旋律が壮大に展開される聴きごたえのある曲です。遅めのテンポでじっくりと奏される「グラゴル・ミサ」、ソリスト、合唱、オーケストラのバランスが見事な「永遠の福音」どちらもスワロフスキーの見事な指揮により、迫力たっぷりの演奏が楽しめるとともに、ソプラノ・ソロを歌うドリズゴーヴァの清冽な声が全曲を引き立てます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。